高槻市の中学2年生の双子のご家庭にお伺いしました!

今回お伺いさせて頂いたのは高槻市にお住まいの中学2年生の男の子と女の子の双子のご家庭です。

以前塾に通っていたけれど、あまり合わず、成績も右肩下がりになってしまい、辞めてしまったそうです。そこからさらにやる気が少なくなってしまい、危機感はあるものの何からすればいいか分からないという状況のようです。

お問い合わせ頂いた時のご相談内容

中学2年生になり、成績が下がり、80点以上はとれていたけれど、平均点ぐらいまで点数が下がってしまたとのことです。

本人たちは危機感はありつつもさぼり癖もあり、行動に移せないとご相談いただきました。

 

塾はお二人の性格には合わなかったようで、辞めてしまい、その後も何からすればいいか分からず、勉強は二の次になってしまっているとお問い合わせをした抱きました。

体験授業でのアドバイス内容

中学2年生でつまづいてしまうお子さんの特徴として、小学生までは難なく理解できていた勉強が、中学生に入り、急に授業のスピードと内容が増し、ついていくことに必死で、所々の「分からない」をそのままにしておいたことに原因があることが多いです。

まずは、中学1年生の範囲の「分からない」を徹底的になくし、そこから2年生、3年生と積み重ねていくことをアドバイスさせていただきました!

高校受験の際に出題される問題は、中学1・2年生の範囲が6~7割と言われています。今のうちに1年生の範囲を理解しておくことに損はありません!

 

また、自分自身で危機感をもっていることは、負けん気と伸びしろがある証拠です!

家庭教師は、先生1人に対して生徒さんが1~3人と一人ひとりのペースや特性に合わせて教えることが可能です。

体験授業で問題を解く際にも、互いに負けじと取り組んでいました。これからの伸びしろがたのしみです。

 

お子さんの成績で困っている・なかなかやる気を出さないなど、お子さんの勉強についていろいろなお悩みをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?

 

お子さんの勉強についてお悩みをお持ちの方はぜひ家庭教師のやる気アシストの「無料の体験授業」をお試しください!

体験授業ではお子さんのにあった勉強のやり方やコツを無料でアドバイスしています!

 

まずは一度ご連絡くださいね!