今日は八尾市と泉南郡熊取町の先生をご紹介します!

今日は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介をさせて頂きました。

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

京都大学 うっでぃー先生

 

うっでぃー先生は人と話すことが好きで、とてもやさしい先生です。

 

中学生のときから英語が苦手でそのままにしてしまい、高校生になってもずっと苦手なままだったそです。しかし、このままではずっと行きたかった大学への進学が厳しいのではないかと思い、毎日必ず英文を読むことを習慣づけ、苦手を克服したそうです。生徒さんの苦手を克服できるように指導するとのことです。

 

指導するの八尾市の小学校4年生に進級した男の子です。

素直でハキハキとしたお子さんで、勉強に対してはめんどくさいと思いながらもやらないといけないと理解しており、前向きでやる気はあるそうです。宿題や授業のフォローを学童でしてもらっていたそうですが、高学年になり内容が複雑になってくるため家庭教師の先生に勉強をフォローしてもらいたいとのことです。集中力と情報処理能力が低く、本人のペースに合わせてメリハリつけながらじっくり指導してほしいとのことです。

 

時間と計画を決め、メリハリをつけながら指導していきます!興味がある教科はどんどん進んで勉強し得意教科になっている様子なので、特に復習と応用問題に力を入れ、日割りでやるべきことを明確にしていきます。国語が苦手とのことなので、色分けやマークをつけながら、読解力をつけられるようにサポートし、たくさん褒めながら勉強をたのしいと思い続けられるよう指導します!

大阪府立大学 しょうた先生

しょうた先生はとても真面目で周りに気配りができるやさしい先生です。

中学生のころ、家庭学習を全くしておらず、授業についていけなかったことがあるそうです。教科書を読み直し、分からないところを友達に聞き、授業の内容についていけるよう努めたそうです。教科書の基本をおさえながら、目標に向かって一緒にコツコツと取り組んでいきたいとのことです。

 

 

指導するのは泉南郡熊取町の中学2年生の男の子です。

とても落ち着いていて素直で、体験授業の際も一生懸命話を聞いてくれる男の子です。偏差値70ほどの中学校に通っていますが、学校の授業のスピードについていけず、赤点が続いており、なんとか挽回をしたいとのことです。また授業が分からないまま帰宅し、宿題を終わらせるのに夜中まで時間がかかってしまっていて悪循環が続いているのでそこのサポートもしてほしいとのことです。

 

中学校や高校で進学校は宿題が多く手一杯になってしまうお子さんも多くいらっしゃいます。悪循環にならないためにも、予習復習のやり方を再確認します!予習復習を行うためにも学校の授業のポイントを聞き逃さないことが重要です。赤点ばかりだと自信ややる気も減ってしまいますが、コツコツ積み重ねられるよう声掛けをしながら一緒に乗り越えていきましょう!

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。