今日は大津市と大阪市港区の先生をご紹介します!

今日は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介をさせて頂きました。

派遣させて頂いた先生についてご紹介させて頂きます!

京都大学 いなだ先生

いなだ先生は話しやすく、周り人を大切にする協調性ある先生です。

小学生のころから分からない範囲は自分で考え、それでも分からなければ先生に聞くなど、自分で工夫して勉強を進めることで自然と勉強が好きになり、高校・大学受験勉強も苦ではなかったそうです。「勉強の楽しさ」を実感してもらい、今後の部活も勉強も充実した学生生活を送れるようサポートしたいとのことです。

 

 

指導するのは大津市の中学3年生の男の子です。

とても明るく素直な男の子です。サッカーのクラブチームに所属しており、受験生になり勉強にもスイッチが入ったそうです。高校でもサッカーを続けたいと考えていて、志望校も決まっており、目標に向けて諦めず努力する性格だから計画を立ててきちんと勉強を見てくれる人がいればいいなと思っているそうです。

 

勉強にやる気になっているのはとてもいいことです!これを持続することが難しいので、お子さんのペースに合わせた指導をしていきます。いきなり大量の宿題や応用問題に取り組む等はやる気や自信を奪ってしまう可能性があるので、まずは教科書の基本から取り組み現状を確認し、指導がない日でも1日30分~60分でできる予習復習などの計画を立て指導していきます!サッカーとの両立ができるように一緒に頑張っていきましょう!

 

大阪教育大学 たねっち先生

たねっち先生は小学生から高校生までずっと野球部に所属しており、活発で礼儀正しい先生です。

高校3年生で大学受験を意識し始めたとき、やらなければいけないことが多く、模試の結果もなかなか出ず、挫折しかけたそうです。周りの友人と一緒に勉強したり競ったりすることで勉強のモチベーションを保ったそうです。野球以外にもゲームや音楽も好きで多趣味なので、お子さんと早く打ち解け寄り添えるよう指導していくとのことです。

 

指導するのは大阪市港区の中学2年生の女の子です。

明るくとても話しやすい女の子です。起立性障害で朝体調が悪いことが多く、学校も遅刻や欠席をしてしまっていて授業の穴があり、本人も不安になっているそうです。またお母さまとしては授業についていけなくなって学校が嫌いになってしまうことは一番避けたいとのことです。授業の内容をサポートしながら家庭学習も進められるよう習慣づけをしてほしいとのことです。

 

学校の授業の内容に合わせて指導を進めていきます!理解力があり、暗記が得意とのことなので、暗記科目は宿題や家庭学習を中心に進め、繋がりの強い英語と数学を中心にします。また、意識して家庭学習の時間をとれるよう、計画帳を活用し習慣づけをしていき、高校受験を目標とし一緒にコツコツと取り組んでいきましょう!

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。