今回は和泉市と大阪市淀川区の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

 

大阪府立大学 リョウ先生

リョウ先生はとても真面目で、興味を持ったことに対して熱心に取り組む性格です。中学生のころ、国語でなかなか点数がとれず、諦めかけてしまいましたが、問題文を細かく読み進め、理解を深めることで点数が伸びたそうです。高校の数学でも急に難しくなったことでついていけず勉強の仕方が分からなかったそうですが、友人に教えてもらったり、勉強法を調べ、試したりしながら自分の勉強法を見つけたそうです。個別指導塾の講師も経験しており、接し方や教え方を工夫しながら指導するとのことです。

 

指導するのは和泉市の小学5年生の男の子です。

とても元気で素直な性格の男の子です。現在習い事を掛け持ちしていて、学校の宿題がやっとの日もあるそうです。勉強方法や予習復習のやり方を中心に、中学生になってもつまづかず勉強できるように今のうちからサポートしてほしいとのことです。特に英語は楽しいものだという感覚を身に着けて、伸ばしてほしいそうです。

 

習い事を掛け持ちし、疲れてしまう日もあるとのことなので、習い事や学校の予定を教えてもらい、無理なくご本人のペースで進められるように予習・復習の計画を立てます!また、予習・復習も無理なく始められるように教科書を少しずつ読むことや、学校の宿題を活用して復習できるようにサポートします。小学5・6年生のうちにきちんと基礎をかため、中学生への準備を着々と進めていきましょう!

 

大阪大学 りん先生

りん先生はとてもやさしい性格で、周りをよく見ることのできる先生です。高校生になってすぐ、中学校との授業の違いに戸惑い、数学に苦手意識を持ったそうです。しかし、教科書や問題集の基本問題を切り返し解いたり、分からないところを恥ずかしがらずに先生や友達に聞いたりし、苦手を克服したそうです。勉強に行き詰っても先生や友達と話すことで気分転換しながら、一人で抱え込まずに済んだそうです。生徒さんのオンオフの切り替えや気分転換にも寄り添えるよう指導していきたいとのことです!

 

高校入学時、中学生のときとの授業の違いに戸惑い、数学に強い苦手意識を持ちました。でも、教科書や簡単な問題集から解いていったり、わからないところを恥ずかしがらずに先生や友だちに質問してできるだけその場で解決したりすることで、苦手を克服することができました。ほかの教科も、予習・復習・小テストの勉強などをしっかりして学校の授業を大切にしました。私は勉強が行きづまったとき友だちと話すことで気分転換できたので、一人で抱え込まずに誰かと話すことが克服の第一歩だと思います。

 

指導するのは大阪市淀川区の中学2年生の男の子です。

とても話すことが好きで、人を笑わせることが好きな面白い男の子です。小学生の高学年ごろから勉強嫌いになってしまったそうですが、歴史と理科は好きで、とても物知りです。数学が特に躓いているそうですが、頭の回転がとても速いため最後まで説明を聞かない癖がついてしまっているそうです。基本をしっかりと理解できるように指導してほしいとのことです。

 

理解が早いという長所を活かして、ポイントを押さえながら指導していきます!得意な歴史と理科に関しては復習を中心とした指導をし、小テストを繰り返し行い漏れのないようにサポートしていきます。

中学1年生では宿題もきちんとやらなかったそうなので、宿題の重要性を伝えいき、きちんと宿題ができた際は褒めるなど、モチベーションの維持を心がけ、一緒にがんばっていきましょう!

 

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。