今日は神戸市北区と摂津市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

神戸大学 ひびき先生

ひびき先生はとても人当たりがよく、面倒見のいい先生です。

中学校受験を経験し、第一志望の中学校には落ちてしまったものの、そこからも自分自身で目標設定をし、大学は第一志望に合格したそうです。勉強という観点では成功も失敗もどちらも経験していてそれが今の原動力になっているそうです。剣道を10年間しており、大学では社交ダンスを始め、関西大会でも成績を残したそうです。結果・プロセスどちらも大切にすることは部活動でも勉強でも同じであると話してくれました。生徒さんとプロセスを大事にしながら結果にも反映されようにサポートしていきたいとのことです。

 

指導するのは神戸市北区の中学1年生の女の子です。

素直でまじめな性格の女の子です。進学塾に通っていたそうですが、学校の進度と塾での進度が異なっており、勉強をしているのに成果がでないことが続いたそうです。学校の授業に進度合わせたサポートしながら、基礎も応用も同時に行い、5教科バランスよく指導してほしいとのことです。また人見知りをする性格とのことなので、最初は自分から分からないこと聞けなかったりすると思うので確認とコミュニケーションを多くとってほしいとのことです。

 

勉強しても成果がでなかったことは、異なる範囲を勉強していたことも一因だと思うので、授業のサポートを徹底します!学校の進度に合わせ、計画帳を使いながら勉強の習慣をつけていきます。また、定期テスト前は早めに提出物を終わらせられるよう、事前に範囲をチェックしながら予習・復習を進め、テスト前にしっかりと時間をとってテスト対策をし、少しでも成果につながるよう一緒にがんばっていきましょう!

大阪市立大学 ほなみ先生

ほなみ先生は人見知りすることなく誰とでも気さくに話すことができ、笑顔が素敵な先生です。中学生の時、英語を苦手にしており、高校受験ではなんとか基礎をマスターし、点数は他教科でもカバーしたそうですが、高校でさらに複雑になり、苦手克服に時間がかかったそうです。高校の英語の先生がとても丁寧に指導してくださり、本当に基本になる部分やコツを覚え、積みかさね、知識を貯めることで克服したそうです。苦手教科も面白いと思ってもらえるよう分かりやすく楽しい指導を心がけるとのことです。

 

指導するのは摂津市の中学1年生の男の子です。

とても素直で、落ち着いた雰囲気の男の子です。以前塾に通っていましたが、塾の宿題が多かったり、塾の授業スピードが速く、塾に行けば行くほど学校の授業や提出物がおろそかになったりしていたそうです。結果的に教科書の基本的な内容をきちんと理解していないまま進んでしまっていたそうです。勉強を苦に思っていないけれど、やっているのに成果が出ていないことを悔しく思っているとのことです。5教科合計400点以上を目標にしているそうです。

 

授業の進度に合わせ、基本的な予習・復習の習慣づけを一緒に行っていきます!基本やちょっとしたコツを覚えるだけで、応用にも反映されたり、自分の中でパターン化することができます。習慣づけは少し時間のかかることですが、これららの中学生生活・高校生活にも役立つことです!まずはゆっくりじっくり自分のペースで合う勉強法を一緒に探していきましょう!

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。