今日は木津川市と池田市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます! 

同志社大学 かず先生

かずし先生は大学受験の際に苦手な教科がいくつかあり行き詰ってしまったそうです。周りの友人が目標をしっかり持っていたのに対して明確な目標がないことが原因の一つと考え、まずは目標を明確にして、その目標から逆算し何を行わなければいけないのか考えて短期目標や中期目標を掲げることで一つ一つ苦手をつぶして克服したそうです。

まだ目標がはっきりしていない生徒さんもいると思うので、まずは小さなところからでも目標を作って一緒に頑張っていける先生になりたいとのことです。

 

生徒さんは木津川市の中学3年生の女の子です。最初は少し人見知りをしますが、素直で優しいお子さんです。

将来は動物関係の仕事に就きたいと思っているようです。今まで塾などには行ったことが無く、勉強のやり方がわからな状態になっているとのことです。志望校はまだ決まっていないようですが、全体的に平均点に届かないようなので、高校を選べるようにもう少し成績を上げていきたいというご希望です。

 

今までの勉強での取りこぼしも多くあるようなので、苦手な単元は重要なポイントに絞っておさらいを行っていきます。お子さん自身も成績を上げたいと勉強する時間は確保しているようなので、何をしたらいいのかを明確にして学校の授業についていけるように予習復習の計画を細かく立てていきます。

秋ごろには入試の過去問を使って対策が出来るようにそれまでに出題頻度の高い単元を集中的に復習していきたいと思います。

大阪大学 やくも先生

やくも先生は小学生の頃は勉強が得意だったようですが、中学生になってから急に成績が下がってしまい、成績は下から数えたほうが早い位まで落ちてしまったそうです。

基本的な内容からつまづいてしまったので、学校の教科書を一からやり直し、分からない所は分かるまで先生に聞いて教えてもらう事で克服できたそうです。自分がどこがわかっていてどこが分からないかをしっかり把握してつぶしていくことが大切なので、生徒さんの苦手を把握し丁寧に指導していきたいとのことです。

 

指導するのは池田市の中学1年生の男の子です。もともと勉強が嫌いで宿題くらいはやっているようですが、何をしたらいいのか分からずとりあえず答えを写してしまったりしているようです。ただ、お子さん自身も勉強は出来るようになりたいという気持ちはあるようなので、少しでも楽しく勉強できるようになって欲しいというご希望です。

 

まずは勉強が楽しくなるように「分かる」「出来る」という感覚をつかませられるように指導をしていきたいと思います。学校の授業を聞いてて「知ってる」とか「分かる」内容が増えてくると授業に興味が持てるようになると思うので、授業のポイントを押さえられるように少しだけ先取学習をしていきます。暗記科目はテストでの点数を上げやすいので、計画を立てて学習し小テスト等で覚えているかの確認を行っていきます。

出来た所を褒めながらやる気作りから行なっていきたいと思います。

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。