今日は伊丹市と神戸市西区の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

大阪大学 いっちー先生

いっちー先生は、決めたことは最後まで成し遂げる、とても努力家な先生です。

大学受験期に苦手科目だった数学で何度もくじけそうになったそうですが、マンツーマンで最後まであきらめずに熱心に教えて下さった先生のおかげで、先生に応えたいという気持ちが強くなり、前向きにとりくんだそうです。大学では英語やほかの文化について学んでおり、将来は英語を活かした職に就きたいと考えているそうです。自分自身が先生の姿を見て励みになったそうなので、生徒さんにいい影響が与えられる先生になりたいとのことです。

 

指導するのは伊丹市の中学2年生の男の子と小学5年生の女の子です。

お兄ちゃんはすごく元気でハキハキとした男の子です。分からないこともしっかりと質問してくれます。英語が得意ですが、数学が苦手なので、重点的に指導してほしいとのことです。

また妹さんもとても元気で活発な女の子です。勉強へのやる気の波が激しいそうなので、褒めながらやさしく丁寧に指導をお願いします。おふたりともカードゲームと絵を書くこと、とそれぞれ趣味があります。家では趣味に時間を取られてしまうそうなので、メリハリつけて勉強できるようにしてほしいとのことです。

 

指導では褒めて伸ばし、自信をつけることを大切にしていきます!自信を持てないままでいるとテストのときに本領が発揮できなくなってしまいます。出来るようになったこと、解けたことに対してきちんと褒め、次の段階にどんどんステップアップしていきましょう!また、勉強には環境がとても大切です。とても協力的なお母さまなので、家での家庭学習も取り組めるよう、お母さまに協力して頂きながら環境づくりも行っていきます。

神戸大学 ふくちゃん先生

ふくちゃん先生はとても努力家で、人のために何かをしたいと考える先生です。

中学2年生頃まであまり勉強せず、テスト習慣やテスト直前のみ勉強していたそうです。日々の習慣や基本もないままテストに臨み、テストの点数もよくなかったそうですが、家庭教師の先生に来てもらうようになり、勉強のやり方や計画の立て方を教えてもい、毎日コツコツと勉強し、第一志望に合格したそうです。自分のペースで少しずつ積み重ねる事が大事だと学び、生徒さんともじっくり向き合って指導したいとのことです。

 

指導するのは神戸市西区の中学1年生の男の子です。

少し大人しい性格ですが、とても素直で穏やかな男の子です。勉強に苦手意識はないようですが、なぜ勉強が必要なのか分からず、勉強に集中して取り組めないそうです。なので、前向きな声掛けでやる気を引き出しながら勉強のやり方を教えてほしいとのことです。通っている中学校が他の学校に比べて勉強のレベルが少し高いようでお母さまが心配していらっしゃるので、基本を押さえながら応用問題にも取り組み、授業に追いつけるようサポートしてほしいとのことです。

 

なぜ勉強するのか、目的も目標もないままだと伸び悩んだ際に放り出してしまう可能性があります。高校や大学、将来の夢など、生徒さんとこれからの話をたくさんする中で一緒に勉強する意味を見つけていきます。やる気が出るまでは集中力を養うために時間を区切って指導し、宿題も時間を計って行うよう伝えます。勉強のやり方を伝えるだけでなく、基本から少しむ難しい応用問題も対応できるよう、たくさんのパターンを実践し、分かることがたのしくなるような指導を心がけます。

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。