今回は東近江市と堺市中区の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

滋賀大学 ゆういち先生

ゆういち先生は先を見据えて目標を立て、効率的な方法を導くことがとても得意な先生です。

数学が特に苦手で、行き詰ることがよくあったそうです。そんなときは行き詰った分野の中でも簡単な問題を解き直したり、先生に聞きに行ったりすることで、疑問を解決し、解ける問題を増やせるように努めたそうです。また、行き詰った問題が解決したあとも時間をおいて何度も復習し、苦手意識のあった数学を少しずつ克服したそうです。人に教えると自分でもいい復習になると中学生のときに気付き、友人と教え合いながら勉強することで教えることが好きになり、塾の講師のアルバイトも経験したそうです。現在もアルバイト・部活・学業すべての両立を目指しており、生徒さんの立場になって工夫した指導をしたいとのことです。

 

指導するのは東近江市の中学2年生の男の子です。

とても前向きな性格で学習意欲も高い男の子です。数学を苦手としているそうですが、全体的に理解力がとても高いため、理解しやすいように教えてほしいとのことです。社会もあまり得意ではないそうなので、おさえるべきポイントをしっかり伝えてほしいとのことです。また、意欲は高いものの勉強方法が掴めていないため、ゆういち先生は先を見据えて目標を立て、効率的な方法を導くことがとても得意な先生です。

 

数学が特に苦手で、行き詰ることがよくあったそうです。そんなときは行き詰った分野の中でも簡単な問題を解き直したり、先生に聞きに行ったりすることで、疑問を解決し、解ける問題を増やせるように努めたそうです。また、行き詰った問題が解決したあとも時間をおいて何度も復習し、苦手意識のあった数学を少しずつ克服したそうです。人に教えると自分でもいい復習になると中学生のときに気付き、友人と教え合いながら勉強することで教えることが好きになり、塾の講師のアルバイトも経験したそうです。現在もアルバイト・部活・学業すべての両立を目指しており、生徒さんの立場になって工夫した指導をしたいとのことです。

 

大阪府立大学 ゆうや先生

ゆうや先生は真面目な性格で、集中するときの集中力がとても高く、何事にも熱心な先生です。

勉強面では苦手な分野を他の分野・教科よりも復習の回数を増やし、問題に慣れること、理解することに努めたそうです。復習回数を増やすことで記憶に残り、苦手意識はあっても解けるようになったそうです。中学・高校では運動部に所属していたそうですが、大学生になりゲームや音楽鑑賞や曲作成など趣味の幅が広がったそうです。曲を自分でつくることで順序だてて物事を考えることがより得意になったそうです。生徒さんの目標やペースに合わせて計画を立てながら指導したいとのことです。

 

指導するのは堺市中区の中学1年生の男の子です。

とても明るい性格で素直なので、誰とでも仲良くなれる男の子です。ご両親曰く、発達障害の特性が少し見られるそうで、集中が途切れやすいそうです。また、興味のあること・ないことの差が激しく、興味のある教科は楽しんで勉強しており、あまり問題視していないそうですが、興味のない教科は全く勉強しないので基本的な知識もついてないのではないかと心配されていました。興味のない教科も平均点はとれるように、褒めながら興味を持てるように指導してほしいとのことです。集中力が途切れやすいので、時間を決めて取り組んだり、こまめに休憩をとったりするなど、工夫しながら指導をお願いしたいとのことです。

 

一度苦手意識をもってしまうと、そのあとなかなか興味をもてなかったり、勉強がはかどらなかったりします。なので、簡単で基本的な問題から、楽しみつつ褒めながら一緒に取り組んでいきます!ご両親からいただいたアドバイスをもとに休憩時間をこまめにとること、そして指導教科を変えながら飽きないように指導します。興味を持てる教科が増えたら、生徒さん自身で復習できるようにテキストを使って宿題を出し、反復することで定着できるように工夫します。コツコツ取り組み、楽しんで勉強していきましょう!

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています! 

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。