今回は池田市と高石市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

京都大学 ゆーこ先生

ゆーこ先生はリーダーシップに優れており、責任感が強く、とても頼りになる先生です。

中学生のころからあまり数学は得意ではなく、計画的に取り組むことで数学が足を引っ張ることなく第一志望の高校に合格したそうです。しかし、高校生になると授業のスピードが速くなり、数学で遅れをとってしまったそうです。授業を聞いただけでは理解できないことが多くあったそうですが、周りの友人や先生に聞きに行き、理解できるまで根気強く向き合ったそうです。どの教科もイメージすることで理解しながら勉強を進めたそうです。生徒さんの何かを成し遂げたいという気持ちを大切にし、目標達成までの道のりを全力でサポートしたいとのことです。

 

指導するのは池田市の中学3年生の女の子です。

明るくハキハキしており、受験生になったことでより勉強への意欲が湧いている女の子です。志望校も決まり、勉強へのモチベーションは高まっているそうですが、数学と理科が苦手で勉強の仕方が分からないそうで、伸び悩んでいるそうです。また、普段あまり勉強しない古文・漢文も苦手で、受験が心配とのことです。中学1,2年生の復習を中心とした指導で、受験勉強を進めながら、学校の授業のフォローをしてほしいとのことです。

 

理系科目・文系科目で得意不得意が現れやすいです。理系科目が苦手な様子なので、図やグラフ、理科であれば写真を用いながら頭の中で整理できないことを見える化していきましょう。イメージができれば理解度も少しあがります!慣れない問題は思い出す過程が大切です。ただ答えを見て、解き方を覚えるのではなく、ノートや教科書を見てどのように学習したのかを振り返りましょう!当時の覚えた過程を振り返ることで記憶を定着させ、今後は自分の力で解けるように受験に向けて知識・記憶を蓄えていきましょうね!

 

京都府立大学 まっちゃん先生

まっちゃん先生はとても聞き上手で相談役になることが多いそうです。

高校生の頃、中学生の頃とは異なる英語の長文の長さに驚き、文章全体だけでなく、一文一文も長くなり、文章読解に苦労したそうです。英単語や文法から丁寧に勉強したそうです。また英語が得意な友人や先生などに質問し、勉強法やコツなどを聞き、実践を繰り返し、自分に合う勉強法、解き方などを見つけたそうです。分からない問題は分からないまま放置してしまうのではなく、恥ずかしがらずに聞くことが大切だと学んだそうです。生徒さんの悩み事や心配事にも耳を傾け、少しでも気持ちが上がるように指導していきたいとのことです。

 

指導するのは高石市の中学2年生の男の子です。

おとなしい性格で人見知りをするため、慣れて自分のことを話し始めるまで少し時間のかかる男の子です。慣れるまで意思表示があまりできず、ネガティブになってしまうそうなので、根気強く明るく接して、できるだけ早く心の距離を縮めて明るく前向きな気持ちにしてほしいとのことです。集中力や理解力はありますが、記憶力があまり高くないそうなので、繰り返し取り組み、定着させてほしいとのことです。また学校の授業が理解できないと置いてかれていると焦ってしまい、劣等感を感じるそうなので、学校の授業スピードに合わせてフォローしてほしいとのことです。

 

 

生徒さん自身で何につまづいて、何が難しいのかを理解してもらうために、指導の最初に指導までの授業で習った範囲とちょっとよく分からなかった単元を伝えてもらうようにします。最初は分からない範囲が多く嫌気がさしてしまうかもしれませんが、分からないことが分かるようになることはとても達成感を感じることができます。また勉強で大切なことは周りと比べないことです!それぞれ長所と短所があると同様に得意・不得意があります。自分のペースでコツコツと続けられるように一緒に頑張りましょう!

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています! 

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。