京都市南区の中学2年生と中学1年生のご家庭にお伺いしました!

 

今回お伺いさせて頂いたのは京都市南区にお住いの中学2年生の女の子と中学1年生の男の子のご家庭です。

 

とても仲のいいご家庭で、勉強や部活について親子でたくさん話すそうです。

 

お問い合わせ頂いた時のご相談内容

中学2年生のお姉さんが今のままの成績では不安で、塾か家庭教師を始めたいとご本人からお母さまにお伝えしたそうです。部活も頑張っており、あまり家庭学習ができていないそうです。指導では復習を中心とした授業のフォローと、家庭学習がスムーズに行えるように一緒に計画を立ててほしいとのことです。成績は5段階中3ぐらいで、3,4が多いとのことです。今やっているバレーを高校でもしたいと考えていて、バレーが強い高校に進学したいと考えているため成績を上げないといけない、と本人が少し焦っているそうです。

中学1年生の弟さんは理解が速く、授業や宿題でだいたい理解できるそうなので、勉強に対して焦りや不安はあまりないそうですが、のんびり気ままな性格のため、中学1年生のうちからしておくべきことなどを伝えてほしいとのことです。

 

体験授業でのアドバイス内容

受験生になったとき、漠然とした不安を感じる方、行きたい高校はあるけれど何から始めればいいか分からないと悩む時期もあります。

 

そんなときは不安を言語化することが大切です。

誰かに伝えること、言葉を書き留めておくことをすると、何から解決したらいいかが少しずつ見えてきます。

 

今回体験授業を受けていただいた中学2年生のお子さんは、行きたい高校はあるけれど何から始めたらいいか分からず、漠然とした不安の中で焦っていました。

現状の成績と、合格に少しでも近づくための成績を照らし合わせながら、苦手教科の克服や、得意教科をもう少し伸ばすことができればいいことを一緒に考えました。

苦手教科の克服には時間がかかりますが、この月のこの週はこの単元をする!と計画を立てながら行い、少しずつ問題に慣れていきましょう!

 

弟さんはとても理解が速いとのことだったので、いかに定着させるかが大切です。

そのためにも今のうちから30分の家庭学習を習慣づけ復習を行うことで記憶に留めておきましょう。

1年生の頃から30分だけでも取り組んでおくと部活を引退した際に、部活から勉強への切り替えがスムーズに行うことができます。

 

目標と計画を立てながらコツコツ取り組んでいきましょう!

 

お子さんの成績で困っている・なかなかやる気を出さないなど、お子さんの勉強についていろいろなお悩みをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?

 

お子さんの勉強についてお悩みをお持ちの方はぜひ家庭教師のやる気アシストの「無料の体験授業」をお試しください!体験授業ではお子さんのにあった勉強のやり方やコツを無料でアドバイスしています!

 

まずは一度ご連絡くださいね!