今回は東近江市と堺市中区の先生をご紹介します!

 

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

滋賀大学 ゆーくん先生

ゆーくん先生は落ち着いた印象で、とても穏やかな性格です。

高校生の頃、中学生の頃はたのしく勉強できていたけれど、環境が変わったことがきっかけで、授業についていけなかったり、友人関係がうまくいかないことがあり、勉強に、身が入らなかったそうです。しかし、このままでは大学で自分の学びたいことが学べなくなると感じ、まずは授業に集中することに努めたそうです。授業を集中して聞くことで自分の分からない問題の傾向や理解することに時間がかかる応用問題など、自分のパターンを知ることができたそうです。そして疑問点を先生に聞きに行くことで解消し、自分の可能性を広げらるように努めたそうです。生徒さんの可能性を広げられるよう丁寧な指導を心掛けるとのことです。

 

 

指導するのは東近江市の中学2年生の男の子です。

とてもポジティブな性格ですが、苦手教科に対してモチベーションが下がっている男の子です。

理解力は高いようですが、数学と社会がつまづきやすく、どのように勉強していいか分からず焦っているそうです。学校の先生の説明が納得いかないときもあるようなので、丁寧に教えてほしいとのことです。また、自分で勉強しやすいように要点の捉え方やコツを教えつつ、予習復習のやり方を指導してほしいとのことです。

 

指導では苦手教科を中心に指導し、得意教科は生徒さんの疑問に応じて指導し、コツを教え、宿題で復習問題をだし、勉強のサイクルをつくれるようにします!社会は覚えることがとても多いので、勉強というよりは今後の将来の知識を日常と絡めながらたのしく蓄えられるように心がけます。数学を苦手にしている生徒さんは多くいらっしゃいます。文字や数字の意味をきちんと整理しながら図を書いて根本を理解できるようにしていきましょう!指導報告書では指導で行ったこと、できるようになったことを記入し、生徒さん自身にもできるようになったことを細かく伝え、モチベーションを高め、維持できるような指導を心掛けます。

 

大阪府立大学 ふみ先生

 ふみ先生はスイッチのオンオフの切り替えが上手で、集中力がとても高い先生です。

高校生のとき、苦手な分野が多くあったそうですが、復習の回数を増やすことで、定着力をアップさせたそうです。自分自身で解決できないときは先生や友人に聞き、自分に合う方法を試行錯誤しながら探したそうです。英語が得意で、いつかアメリカの大学にも通いたいという夢があるそうです。生徒さんのやりたいことをサポートできるように、性格やスピードなどを考慮しながら指導していきたいとのことです。

 

指導するのは堺市中区の中学1年生の男の子です。

天真爛漫で人と話すことが好きで友達と身体をつかって遊ぶことが好きな男の子です。理科と社会にとても興味があり、自然現象や土地について知りたい意欲がとても高いため、分からない範囲のみ教えてほしいとのことです。そのほかの数学・国語・英語はあまり得意ではなく、興味も薄いそうです。読解力があまり高くないそうなので、そこをどうにかカバーしてほしいとのことです。小説を読むことは好きだけど、問題を解くと難しく感じる様です。興味の薄い教科も楽しく勉強できるように褒めながら指導してほしいとのことです。

 

 

興味のある教科があることはとてもいいことです!興味関心が薄い教科も楽しめるように一緒に攻略していきましょう!読書は好きだけれど、読解が苦手な生徒さんは多いような印象を受けます。区別することは難しいかもしれませんが、読解の際には色ペンで線をひくことや印をつけるなどして人・感情・接続詞に注意しながら読み進めていくことをお勧めします。読むときに整理できるだけでなく、解くときにも役立つ読み方をすると効率もアップし、丁寧に読み進めることができるようになるかもしれません。自然現象に興味があるとのことなので、現象や原理を実際の映像や絵を用いてより理解を深めていきます。

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています! 

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。