今日は京都市西京区と岩出市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

立命館大学 めぐ先生

めぐ先生は人と話すことが好きで、周囲の人への気配りを常に心がけている先生です。

勉強面ではとても不器用で新しいことを学ぶことにとても苦労したと話してくれました。自分が新しい問題を解くことが苦手だと分かっているからこそ、分からない問題は先生や友人に聞き、何度も解きなおしたり、暗記科目は何度も読み反復を繰り返すなど、自分に合った勉強法でコツコツと取り組んだそうです。大学では心理学を学んでおり、人と関わり支援できることにどんどん取り組んでいきたいと話してくれました。生徒さんとコミュニケーションをとりながら特性や性格を知り、合わせた指導をできるようにしていきたいとのことです。

 

指導するのは京都市西京区の小学6年生の男の子です。

とても明るく人懐こい性格の男の子です。勉強は少し苦手としているそうですが、学校のテストでは80点ほど取れいているそうです。しかし、まとめのテストになると点数が下がってしまうそうです。最近学習した範囲は覚えているけれど、時間がたったものに関しては忘れてしまうそうなので、時々復習をしてほしいとのことです。また、中学生に進学する前に勉強の習慣づけをしたいとのことなので、短時間から習慣をつけられるよう計画を立てることと、褒めながらの指導を心掛けやる気を引き出してほしいとのことです。

 

小学生のうちから勉強の習慣づけをしておくと、中学生になったときにテスト勉強や日頃の予習復習がスムーズに行えるようになるので、今のうちから少しずつ慣れていきましょう!まずは、毎日出る学校の宿題を必ず行うこと、そして5~10分で行うことができる今日の授業の復習を行っていきましょう!指導では総復習や戻り学習も行い、基本知識をポイントをおさえながら定着させていきます。

分かったときの喜びを一緒に感じられる指導を心掛けていきます!一緒に頑張りましょう!

 

 

近畿大学 こーくん先生

こーくん先生はとても子供好きで、将来は小学校の教員になりたいと思っており、教員採用試験に向けてコツコツ勉強に取り組んでいる先生です。中学生の頃、勉強があまり得意ではなかったそうですが、学校の先生や塾の先生とコミュニケーションをとり、たくさんサポートしてもらい、第一志望の高校に合格したそうです。高校に進学してからは英語を苦手としていたそうですが、英単語・文法・長文の3つを毎日根気強く取り組み、徐々に成績が上がったそうです。自身の経験を活かしながら、将来生徒さんに教えるためにも家庭教師として多くのお子さんと関わりながら生徒さんに寄り添い、それぞれに合わせ指導を行いつつ、自分のスキルも磨いていきたいとのことです。

 

指導するのは小学6年生の男の子と小学4年生の女の子の兄妹です。 

お兄さんは明るく積極的な性格の男の子で、妹さんは少し照れ屋でいつもニコニコしている女の子です。お二人とも勉強に特に苦手意識がある訳ではありませんが、勉強の習慣がないそうです。特にお兄さんは来年中学生になるので、このままではあとあと大変になってしまうのではないかと感じ、家庭教師を始めることになりました。とても仲のいい兄妹で、よく一緒に宿題をしたり遊びに行ったりしているそうなので、一緒に指導してもらい、少しでも勉強の習慣がつけばいいなと思っているそうです。

 

勉強の習慣は急に身につくものではないので、2~3週間時間をかけて行っていきましょう!おふたりとも学校から帰宅してすぐ宿題に取り組み、そのあと遊びに行くそうなので、宿題の習慣はばっちりですね!遊び終わって帰宅したときや夜ご飯のあとなど、まずは決まった時間に取り組むということが大切です。まとめのテキストをお持ちとのことなので、毎日見開き1ページ取り組むように計画を立て、おふたりにも伝えました!問題を攻略するゲームのように楽しみながら勉強できるようにおふたりのサポートをさせていただきます。

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。