今回は大阪狭山市と葛城市の先生をご紹介します!

 

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

近畿大学 がく先生

がく先生はとても話し上手、聞き上手な先生です。

先生自身、中学・高校ともに個別指導の塾に通っており、指導してくださっていた先生が寄り添ってくれながら指導をしてくださり、そのおかげで苦手科目を克服することができたそうです。高校生の頃は英語で行き詰ったそうですが、単語力を高めることと、過去問・模試の研究・復習を徹底したそうです。ずっとお世話になっていた塾の先生にもどんな問題でも基本を積み重ねることが重要だと言われ、最初はその言葉の意味を理解できなかったそうですが、苦手科目や分野に出会う度に基本の重要さ、基本から臨機応変に対応することが大切であることに気付いたとのことです。生徒さんに対しても学ぶことにおいて大切なことを見つけてもらえる指導をしたいとのことです。

 

指導するのは大阪狭山市の小学4年生の男の子です。

明るく活発な男の子で、人見知りをしない性格なのでとてもコミュニケーションの取りやすいお子さんです。外で遊ぶことやゲームが好きで、今のところ勉強に興味はないそうです。宿題はしっかり行うタイプで、勉強はあまり得意ではないそうですが基本は理解できているので、テストの点数も平均点もあり、苦手分野が特にあるわけでもないそうです。お母さまとしては今は大丈夫そうだけれど、今後が心配なため、授業のフォローをしてほしいとのことです。勉強の習慣も徐々につけていければいいなと考えているとのことなので、急には無理だと思うけれど、休憩を挟み、メリハリをつけながら指導してほしいとのことです。

 

指導も家庭学習の時間もメリハリをつけられるようにしていきます。時間を決めて行うことで集中力もアップするため、遊ぶことも勉強も全力でできます!苦手分野が特にある訳でもないそうなので、満遍なく指導をし、授業の様子を聞きながら分かりづらかったことなどを聞き、理解しにくい分野を分析しながら指導を進めていきます。また、お母さまは勉強面に関してとても心配されている様子だったので、細かい指導報告を心掛けます。少しでも勉強に興味をもってもらえるようにたのしい指導をできるように努めます!

 

大阪府立大学 タカ先生

 タカ先生は好きなことはとことん追求する強い探求心を持っている先生です。

中学受験を経験したそうですが、算数がとても苦手で、時間内に問題を解ききることがなかなかできなかったそうです。そこで毎日30分ほど時間を測りながら簡単な計算問題に取り組み続けたそうです。毎日時間を測りコツコツ行うことで、解く・書くスピードが身につき、算数の点数を上げることができたそうです。中学・高校ではテニス部に所属していましたが大学生になってから柔道を始めたそうです。今年初段をとることができ、現在も自分の目標に向けて熱心に取り組んでいるとのことです。生徒さんと一緒に目標に向かってコツコツ取り組んでいきたいとのことです。

 

指導するのは葛城市の中学3年生の男の子です。

おとなしい性格ですがとても接しやすい男の子です。身体があまり強くなく、2年生の3学期から学校に行けておらず、授業に遅れが生じているそうです。指導では3年生で学習する5教科を満遍なく、学校の授業に近い形で指導してほしいとのことです。学校に通えていたときは宿題を行うことで定着し、テストも平均点は必ず取れいたそうなので理解力はあるそうですが、学校に通えなくなってから家での勉強もはかどらず、家庭学習の習慣もつけないと今よりも焦ってしまいそうだと心配している様子でした。

 

中学3年生で学習する範囲を中心に指導しながら、必要に応じて1,2年生の範囲の復習をしていきます。勉強の習慣については、毎日指導がある訳ではないので、教科書を一日数ページずつ読み進めるなどの日々の学習の進め方をお伝えします!教科書とワークを反復することで基本が定着します。計画を一緒に立て、生徒さんに毎日できたかどうかチェックしてもらうことで自己管理もできるようにしていきます!高校に進学したいという気持ちが強いとのことなので、受験まで一緒にコツコツ取り組んでいきましょう!

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています! 

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。