今回は三島郡島本町と堺市美原区の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

奈良教育大学 べに先生

 べに先生は相手の考えを理解しながらコミュニケーションを図ることに努める相手思いの先生です。

元々暗記がとても苦手で、大学受験の際に日本史にとても苦戦したそうです。細かい年表や人物・建物などを覚えることが難しかったそうですが、まず歴史の流れを大まかに把握することに努めたそうです。流れを把握することで用語だけでなく、意味も同時に理解できるようになり、勉強が捗ったそうです。将来は現在学んでいる教育学部での経験を活かし、小学校の教員になりたいとのことです。生徒さんと色んな話をしながらコミュニケーションをとり、話しやすく指導がたのしみなるような先生を目指したいと話してくれました。

 

指導するのは三島郡島本町の小学6年生の女の子です。

少し人見知りをするそうですが、素直でよく笑うかわいらしい女の子です。テストでいい点数がとりたいと思い、やる気もとてもあり、指導に前向きです。塾に通っていましたが、宿題の量が多く、勉強が作業になってしまっていたそうです。そのため、ケアレスミスや基本の部分でも理解不足があるようで、たくさん勉強してもなかなかテストの点数に反映されていないとのことです。お父さま・お母さまは、本人が中学生になってから勉強や勉強の習慣で困らないようにサポートしてほしいと話してくださりました。

 

“量より質”という言葉があるように、ただ量をこなすのではなく、理解度やペースに合わせて質を高めながら勉強していくことが大切です。しっかりと基本の知識を定着させたうえでステップアップしていきましょう!また、中学生になってから内容の難しさやスピードで困る生徒さんが多くいらっしゃいます。そのため、今のうちから予習・復習の習慣をつけられるように計画帳を用いた指導をしていきます!理科・社会に関して興味が薄い様子なので、日常と絡めながら興味を持ってもらえるよう豆知識を伝えながらおもしろいと感じてもらえるよう教えていきます!結果にも反映されるよう一緒にコツコツ取り組んでいきましょう!

 

大阪府立大学 カナ先生

 カナ先生は細かいことにも気が付くことができ、周りへの配慮を心掛けるやさしい先生です。

大学受験に向けて勉強しているとき、集中力が続かず、勉強が捗らないことが続いたそうです。集中力に関しては、受験期間中に高めることは難しく、克服しきれなかったそうですが、自分なりに一番勉強しやすい環境や方法を模索し、取り組んでいたそうです。特に時間と場所に気を付け、90分ごとに時間を区切って勉強したり、誰かが勉強している教室などで一緒に勉強したりなど、工夫をしたそうです。大学ではたくさんのサークルに入り、ボランティアや旅行にも出向き、4年間という限られた時間の中で様々な経験をすることや、感性を磨くことをしているそうです。

 

指導するのは堺市美原区の小学4年生の女の子です。

とても素直でハキハキしており、遊ぶこと・運動することが好きな活発な女の子です。算数・国語・英語を中心に指導してほしいとのことです。算数は理解はできているけれど、すこしせっかちなため早とちりをしてしまったり、計算ミスをしてしまったりするそうです。国語は覚えることは得意だけれど、読解が苦手とのことです。英語は勉強というよりはたのしく覚えているそうですが、今後が不安とのことなので、座学とコミュニケーションのどちらもサポートしてほしいとのことです。

 

覚えることがとても好きな様子なので、理科・社会・国語の漢字などは得意な印象を受けました。得意なもの、好きなことに関しては宿題を出し、家庭学習の時間をつくれるようにアプローチします。算数はしっかり問題を読むこと・計算式をきちんと書くことを伝え、自分が解いた証拠を残すことを心掛けるようにアドバイスします!長い文章を読むと整理できなくなってしまうので、段落で区切りながらどういった内容が書かれているかをまとめられるようにしましょう!英語は発音しながら覚えたり、モノを見ながら覚え、想像を膨らませながら一緒にたのしく勉強していきましょう!

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています! 

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。