今日は香芝市と京都市左京区の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

奈良県立医科大学 かずき先生

かずき先生は責任感がとても強く、一度決めたことは最後までやり通す先生です。

高校3年生の夏休みに受験勉強へのストレスから遊びすぎてしまい、夏休み明けの校内模試で30位くらい下がってしまったそうです。そこからまた気持ちを改め、持っていた問題集や参考書を何度も反復し、一から勉強し直し、成績を持ち直し、目標であった医学部に現役で合格できたそうです。人はスランプや放り出してしまいたくなるときがあります。それを乗り越えることは大変ですが、乗り越えられたら目標まではあと少しだと考えているそうです。生徒さんの悩みや行き詰りにも寄り添いながら指導していきたいとのことです。

 

指導するのは香芝市の中学3年生の男の子です。

照れ屋さんであまり自分の話をしない分、ため込みやすい性格ではありますが、周りの人にとてもやさしい男の子です。1年生のときは成績がよかったそうですが、学年を重ねるにつれ成績が下がってしまったそうです。本人も勉強をやらなければいけないという気持ちはあるようですがやり方が分からず困っている様子なので、勉強のやり方や受験勉強の始め方なども教えてもらいたいとのことです。地理・数学の図形や照明・国語の文法を特に苦手としている様子です。少しマイペースな性格なので納得いくまでじっくり教えてほしいとのことです。

 

普段から分からないところを人に聞けずに過ごしているそうなので、まずは得意・不得意と理解度をチェックするために、1・2年生の総復習の問題と3年生の現在まで学習した範囲を解いてもらいます。受験勉強や得意を伸ばし、苦手を克服するために最も重要なことは自分を知ることが大切です!そこからじっくり復習をしていきましょう。夏休みまでの宿題に関しては日々の予習復習があるためあまり多くは出しませんが、時期を見て生徒さんと相談して出してほしいとのことです。秋ごろから過去問に取り組むなど、受験までのおおまかな流れを決め、生徒さんと共有しながら一緒にがんばります!

 

京都大学 あっちゃん先生

 あっちゃん先生は周りの友人からとても明るく元気だと言われるそうです。やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ、とメリハリが得意とのことです。高校生の頃、第一志望の大学合格に向けて人一倍時間をかけて取り組んだそうですが、全く成績は上がらず、浪人したときも同じように焦る日々が続いたそうです。そんな中、初心に戻り、一から勉強し直そうと覚悟を決め、基本問題から取り組むと、今まで基本問題をなんとなくでしか理解していなかったことに気付き、そこから基本を徹底し勉強に励み、現役時代に不合格になってしまった第一志望の大学に合格したそです。基本の大切さを身をもって感じたため、生徒さんにも基本の大切さ勉強のおもしろさを感じてもらえるよう指導していくとのことです。

 

指導するのは京都市左京区の中学3年生の男の子です。

6月まで陸上部に所属しており、棒高跳びに熱中していたそうです。部活を引退してからも陸上のことばかり考えてしまうそうで、高校でも棒高跳びをしたいと思っているため、志望校も決まっているそうです。以前集団指導の塾に通っていたそうですが、周りに気を取られてしまうそうなので、家でひとりで勉強するのが合っているのではないかと思っているそうです。社会はとても興味があり得意とのことですが、他の教科はあまり得意ではないそうなので基本からおさえてほしいとのことです。

 

高校でも部活に熱中できる環境を整えるためにも、受験に備えた勉強ではなく、高校生活の基礎知識を身に着けられる期間として取り組んでいきましょう!得意な社会含め、5教科すべて基本から着実にステップアップしていきましょう。真面目な性格で、陸上でも一人で黙々と練習に励んでいたそうなので、集中力を活かし、平日は2~3時間のサイクルで取り組める計画を一緒に立てていきます!2~3時間で現在の学校の授業の予習・復習もできるよう、やり方をお伝えします。残った時間で復習ができるように時間の使い方・配分にも注意し、高校生活の準備をしていきましょう!

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。