今日は大津市と高槻市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接を行い、ご家族に紹介させて頂きました!

 

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

同志社大学 ひとし先生

ひとし先生は、責任感が強く、何事にも誠実に取り組むことが出来る先生です。

中学・高校生の時は国語の現代文が苦手で、特に文章を精読することを苦手としていたようです。それでも特に現代文の勉強はしていなかったようですが、あるとき定期試験でとても低い点を取ってしまい、思考を一新する必要があると考えたそうです。そこで、苦手だった小説の読書をする習慣をつけて読み続けたそうです。この結果、文章を論理的に捉えることが出来るようになり、現代文の成績も大きく上げることが出来たそうです。家庭教師の指導は今回が初めてのようですが、お子さんの得手不得手を拾い上げて、お子さんに合った方法で成績アップを実現できるように指導したいとのことです。

 

指導するのは大津市の中学2年生の男の子です。

素直な性格で、熱中したことに対して努力することが出来る人で、陸上部で長距離の選手として頑張っているそうです。

学校の授業については、数学や理科は比較的できる方なのですが、国語や英語が教科が苦手で、文章を読むことが苦手のようです。これまでは集団塾や個別指導の塾に通ったりしていたそうですが、自宅での学習習慣を身に付けるまでには至らなかったそうです。強く入りたいと考えている高校があるため、勉強のやる気はあるようです。なので、今回家庭教師を始めるにあたって、自宅での予習復習や勉強のやり方を含めて指導をお願いしたいそうです。

 

家庭での勉強習慣をつけるために、まずは授業の進度に合わせた予習・復習の方法を指導していきます!

毎日スキマ時間に出来る簡単な宿題を出して、指導時に小テストを行うことで、勉強を継続的に行うことの重要さを伝えていきたいと思います。

また、文章を読むことが苦手とのことなので、お勧めの本を進めて読んでもらったり、様々な文章に触れてもらうことで、文章の読み方を教えていきます。数学などの計算問題については、パターンを暗記するだけでなく、それらの意味を理解した上で解けるように指導していきます。

目標の高校への合格を実現できるように、一緒に頑張っていきましょう!

 

 

関西学院大学 りゅうが先生

 

りゅうが先生はいつも明るく、人を笑わせることが好きな先生です。

幼稚園から高校までサッカーをしていて、中学までは勉強とサッカーの両立が出来ていたそうですが、高校に入ると部活が一層忙しくなり、勉強が分からなくなってしまったそうです。特に英語が苦手で、定期テストの成績も大幅に落ちてしまったそうです。そこで、学校に行く前の時間や、帰ってきて風呂に入っている時間など、スキマ時間を見つけて単語を勉強したり、英語の文章を読むようにしたそうです。その結果、授業の英語にもついていけるようになり、模試の成績も大きく改善することが出来たそうです。指導では、このような経験を生かして、短い時間でも高い効果を得られる勉強のやり方について指導していきたいそうです。

 

指導するのは高槻市の中学2年生の女の子と、小学4年生の男の子の姉弟です。

中学2年生のお姉さんは明るくて元気な女の子で、勉強のやる気はあるようです。中1の頃から進学塾に通っていたようですが、学校の授業のペースと合っておらず、内容も難しかっため辞めてしまったようです。英語に苦手意識があるようなので、中学1年生の内容から優しく指導してほしいとの事です。

小学4年生の弟さんは誰とでもすぐ仲良くなれて、ちゃんと会話が出来る素直な男の子です。学校の授業についていけるように宿題を見て欲しいとのことです。お姉さんとの同時指導ではありますが、もし困っていそうであればすぐに声をかけて

指導してあげて欲しいとのことです。

 

お姉さんも弟さんも元気で明るい子なので、楽しく勉強を進めていきましょう!

お姉さんは英語が苦手ということなので、中学1年生の内容の復習や小テストを行うことで、苦手な文法を見つけていきます。それ以外の教科については平均くらいの成績ということなので、小テストで確かめつつ、解けそうであれば難しい問題にも挑戦できるように、指導をしていきます!

弟さんはとにかく授業についていけるように、宿題で困ったところがあれば随時見ていきます。ただ、答えをいきなり教えるのではなく、自ら解答を導けるように問いかけていきたいと思います。

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。