今日は大阪市東淀川区と姫路市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

合格した先生についてご紹介させて頂きます! 

 

関西大学 はやて先生

はやて先生は負けず嫌いで、人一倍努力できる先生です。

 

最初に勉強で行き詰った経験をしたのは、中学生の時の英語のようです。授業についていくことができず、苦手意識を持ち過ぎて、自分には出来ない!と決めつけてしまい、全然成績が伸びなかったようです。そこで、単語を覚えることから始めたそうです。単語の意味を覚えることはもちろん、それと同時に動詞、名詞、接続詞、前置詞などを1から覚えていくようにしたそうです。その結果、並べ替え問題にもしっかり対応できるようになり、英語の成績を大きく伸ばすことが出来たそうです。

 

指導するのは大阪市東淀川区の中学2年生の男の子です。 とても明るく話しやすい子です。

小学校までは授業についていけていたようですが、国語だけ苦手で、成績は40点前後だったようです。漢字の読み書きが特に苦手で、テストなどでも殆ど正解できていないようです。中学に入ってからは数学も分からなくなってしまったようです。一度理解をしてしまえば解けるようですが、授業で理解するのが難しく、理解できる勉強方法を探しているようです。塾には今まで入ったことが無く、塾と家庭教師で迷ったようですが、家庭学習で勉強をする習慣をつけてほしいと考えているようで、家庭教師にすることに決めたそうです。

 

理解力はあるので、勉強のやり方やコツさえ掴めば成績は伸びると思います。まずは、教科書の基本に絞って授業に合わせて予習復習する習慣をつけていきます。漢字が特に苦手という事なので、毎回課題を出して、次の機会に小テストを解いてもらう形で伸ばしていきます。数学は公式と問題のパターンさえ掴めば伸びると思うので、苦手な問題を見つけたら、その公式の理解と類題を中心に指導していって、苦手をつぶしていきたいと思います。授業を楽しく受けてもらえるように、優しい指導を心がけていきます。

兵庫県立大学 まさとし先生

まさとし先生は明るく、人の気持ちに寄り添うことが出来る先生です。

 

小学校の頃は特に勉強面において困ったことはなかったようですが、中学生になってから数学に苦手意識を持ち始めたそうです。授業がだんだん分からなくなってきていた中、最初は常に自力で勉強して解こうと頑張っていたようですが、成績は思うほど伸びず、一人で勉強する限界を感じたそうです。そこで頼ったのは3つ年上のお姉さんで、お姉さんと同じ中学に通っていたこともあり、授業進度に合わせてとてもうまく教えてくれたようです。その結果、次のテストでは成績が上位に食い込むことができたそうです。勉強を1人で進める事の大変さを知っているので、家庭教師で勉強を苦手としている子たちに寄り添った指導がしたいと考えているそうです。

 

指導するのは姫路市の小学2年生の女の子です。明るく元気で可愛らしい子です。

学校の勉強についていけていないようで、簡単な足し算や引き算は解くことが出来るようですが、大きい数や、文章題になった時に解けなくなってしまったり、時間がかかってしまうという状態のようです。親御さんは、周りの子と同じくらいのペースで授業についていって、楽しく勉強できるようになっていって欲しいそうです。

 

算数は、ブロックなどで表せるような小さい数だったら想像しやすいですが、大きい数になるとそれが出来ないので、難しく感じてしまうと思います。なので、小さい数から大きい数に移行できるように、丁寧に教えていきます。文章題についても、文章中からどの部分を抜き出す必要があるのかを、類題をやりながら慣れていけるようにしていきます。目標は学校の授業にはついていけるようにという事なので、一緒に予習してあげて授業の前に分からないところを発見して、そこを教えたり、授業でしっかり聞いてもらえるように指導していきます。指導全体を通して、ゲームや好きな話を交えて勉強をすることで、楽しんで勉強してもらえるように工夫してあげたいと思います。

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。