今日は京都市伏見区と吹田市の先生をご紹介します!

今回は京都市伏見区と吹田市の2人の先生の最終面接を行い、ご家族に紹介させて頂きました!

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

 

龍谷大学 ヨシ先生

ヨシ先生は、やりたいと思った事をすぐに行える、行動力のある人です。将来は日本に住む外国人に関わる仕事に就きたいと考えているそうです。中学生の頃は部活に熱中するあまり、授業が分からなくなってしまった時期があったそうです。しかし、毎日100分(1教科20分)の復習を欠かさず行うようにした結果、授業に追いつくことが出来たばかりでなく、成績を大幅に向上することが出来たそうです。

ヨシ先生は、部活や勉強の経験で継続することの重要さを学んだそうで、家庭教師の指導でも、ほんの少しの時間でも毎日勉強をするような習慣を生徒さんに持ってもらえるように、生徒さんをやる気づけたりや勉強の面白さを伝えていきたいそうです。

 

指導するのは京都市伏見区にお住いの小学1年生の女の子です。とても元気で明るい子です。

学校は楽しいと思っているようですが、勉強はあんまり好きではないそうです。ただ、頑張りたいと思っているようです。

親御さんは中学受験を望んでいて、小学校低学年のうちから苦手を作らないように、授業の予習・復習の指導を行ってほしいそうです。また、宿題や通信教育教材などの家庭学習指導や、それらを行う習慣づけを行ってほしいそうです。厳しく指導するのではなく、楽しく続けられるように、勉強が嫌いにならないように指導して欲しいとのことです。

 

小学1年生は覚えることがたくさんあって大変ですが、新しい事を学ぶことの楽しさを感じながら勉強が出来る子になってもらうことを目標に指導していきます!学校で習った範囲を振り返って、教科書の例題や計算ドリルを進めていってもらおうと思います。出来た問題があれば欠かさず褒めて、勉強が出来る自信をつけてあげたいと思います。また、家庭学習の習慣ですが、生徒さんの好きな教科から始めるようにしたり、短時間で終わるものにするなどして、気持ちの負担にならない程度に進められるような工夫をした計画で進められるようにします。

 

関西大学 れーちゃん

 れーちゃん先生は、いつも前向きに物事を考えられる人で、周りの人を元気づけるのが得意だそうです。将来はシステムエンジニアを目指していて、日々プログラムの勉強を頑張っているそうです。

高校生の頃は、暗記することが苦手だったので、地理の用語やランキングがなかなか覚えれなくて苦労したそうです。そこで学校の先生に相談してみると、「暗記は最小限、場所の気候や土地から推測して解いていくのが地理」だと教えてもらったそうです。そこからは、理由を考えながらランキングや土地の特徴を考えていくようにしたそうです。その結果、大学入試では8割以上得点することが出来たそうです。勉強を楽しいと思ってもらえるように指導に取り組みたいそうです。

 

指導するのは吹田市にお住まいの小学2年生の男の子です。人懐っこく、少しやんちゃで元気な子です。

算数は足し算や簡単な引き算は出来るそうですが、文章問題になると全く解けなくなってしまうそうです。国語は読解力と書き取りが苦手のようです。文章問題の苦手を解決しながら、3年生以降も授業についていけるように指導して欲しいそうです。また、家庭学習の習慣がほとんどないようなので、宿題以外にも復習・予習が進められるように頑張ってください。

 

算数の文章題が解けるようになるには、計算自体のやり方を復習するよりは、文章の読解能力の方を伸ばしていく必要があります。

頭の中で考えるのが難しい場合は、図や絵を使って整理する方法や、解く段階をパターン化するなど、様々な方法の中から生徒さんに最適な方法を見つけていきます。根本的には文章を沢山読んで、文章の意味を読み取る訓練をすることで解決するので、生徒さんに最適な本を紹介したり、国語の文章を読んでいくようにします。家庭学習も無理のない程度で進められる計画を立てて、計画通り進められていたら褒めてあげるなど、勉強のモチベーションを保ちながら頑張れる環境づくりに努めていきます。

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。