京都市左京区にお住まいの小学5年生の女の子のご家庭にお伺いしました!

今回お伺いしたのは、京都市左京区にお住いの小学5年生の女の子のご家庭です。

 

お問い合わせ頂いた時のご相談内容

勉強が嫌いで文章問題が特に嫌いのようです。教科に関わらず、文書をしっかり読まずに回答してしまうことによるケアレスミスが非常に多いそうです。塾は嫌だというので通信教育を始めてやっているが、本人のやる気が無いのであんまりうまく行っていないようです。通信教育の教材では、良い点数を取るとポイントが溜まり、そのポイントでゲームが出来るようになるシステムなので、得意の英語だけをしてしまうそうです。これでは他の教科が伸びないので、塾・通信教育以外の勉強方法として、家庭教師を検討しているそうです。勉強のやり方が分かれば、自分から勉強をするようになったり、好きになったりするのではないかと親御さんは考えているようで、家庭教師ではどのようにやり方を教えたり、勉強のやる気を上げるのか知りたいということで、今回お問い合わせ頂きました。

 

体験授業でのアドバイス内容

文章をしっかり読まずにミスしてしまうのは、大半の小学生に言えることで、多くの親御さんから同じような悩みの声を頂いています。実際、ちゃんと読めば解ける問題なのに解けていないというのは非常に勿体ないです。

逆に言えば、勉強内容の理解は出来ているという事なので、「文章をしっかり読む」という習慣だけつけてあげれば、大幅な点数アップが望めます!

ケアレスミスをなくす方法は、文章を読むときに、大事な部分に〇をしたり線を引くことなどがあります。テスト問題のミスを見ると、どの文を飛ばしちゃっているのか大体傾向があるはずです(後半に注意が書いてあるのに丸々読んでいない、など)。そういったマークの習慣をつけてあげるのは1つの方法です。また、お子さんと一緒にテスト問題を振り返って「この文に目を向けるとこの問題正解だったね!」と、前向きな言葉と共に注意を促してあげると、テストの時に意識して解くことが出来るようになるかもしれません。

 

勉強方法については、本人がやる気を持って取り組める方法であれば何でもいいと思いますが、家庭教師のやる気アシストではやる気のないお子さんに対しても、やる気を底上げして勉強に気持ちを持っていけるような雰囲気づくりや指導を重視しています。

英語については、通信教育で出来ているようなので必要ないのかもしれませんが、それ以外の教科で本人の勉強の気持ちが通信教育に向いていないのであれば、やる気アシストを始めてみるのは選択肢の1つとしてお勧めします!

 

お子さんの成績で困っている・なかなかやる気を出さないなど、お子さんの勉強についていろいろなお悩みをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?

 

お子さんの勉強についてお悩みをお持ちの方はぜひ家庭教師のやる気アシストの「無料の体験授業」をお試しください!

体験授業ではお子さんのにあった勉強のやり方やコツを無料でアドバイスしています!

 

まずは一度ご連絡くださいね!