和泉市の中学3年生の男の子のご家庭にお伺いしました!

今回お伺いしたのは和泉市にお住まいの中学3年生の男の子のご家庭です。

塾に行っているようですが、成績が伸びずの困っているようです。

 

お問い合わせ頂いた時のご相談内容

勉強のモチベーションは高いそうで、塾に週4日行っているようですが、成績があまり伸びていないようです。(3年の1学期の期末で300点ないとのこと。)集団では国語・社会、個別で数学・理科・英語を指導してもらっているそうです。数学・理科が特に苦手で、後の教科は平均レベルだそうです。本人はまじめに頑張っているようですが、点数が全然伸びないので何とかしてあげたいと考えているそうです。志望校のレベルにはあと25点くらいは必要ということで、受験直前ですが追い込みをかけるために今回家庭教師のやる気アシストにお問い合わせ頂きました。

体験授業でのアドバイス内容

多くの時間で勉強しているようですが、中々成績が伸びないのは辛いですよね。

実際、勉強のやり方が分からず闇雲にやってしまって成績が伸びない受験生はかなり多いです。

ただ、お子さんの場合は塾で全教科やっているので闇雲という事は無いと思いますが、その塾での指導方法が本人に合っていないのかもしれません。また、成績は300点と決して低いことは無いので基礎はある程度出来ているのだと思います。

 

なので、お子さんがやるべきは「基礎を完璧にすること」「大問の2/3を解けるようにすること」の2つです。

基礎が曖昧になってしまっている単元は、応用が出た時に取り掛かり方が分からなくなってしまいます。今から全教科の基礎をやるのは難しいと思うので、苦手な数学・理科を中心に、今までのテスト結果や問題集のミスなどから苦手場所を見つけて、徹底的に復習しましょう。

また、「大問の2/3を解けるようにする」とは、過去問を使った演習です。過去問を解くと、自分の苦手な問題が見えてきます。そんな問題でも大問の2/3までは解けるように勉強を進めていきましょう。なぜ2/3かというと、大問の最後の問題以外は応用レベルで解ける内容であることが多いからです。(最後の問題は少し難しいことが多いです。)

 

この二つを意識して勉強を進めていきましょう!

 

これらの勉強指導をするときに塾や一人で進めるのが難しければ、家庭教師のやる気アシストに頼るのもアリです!

受験まで近いですが、過去問演習や対策を立てる為に家庭教師にお願いすれば、勉強に集中することが出来ます!

お子さんの成績で困っている・なかなかやる気を出さないなど、お子さんの勉強についていろいろなお悩みをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?

 

お子さんの勉強についてお悩みをお持ちの方はぜひ家庭教師のやる気アシストの「無料の体験授業」をお試しください!

体験授業ではお子さんのにあった勉強のやり方やコツを無料でアドバイスしています!

 

まずは一度ご連絡くださいね!