今日は堺市西区と和歌山市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 合格した先生についてご紹介させて頂きます!

大阪府立大学 さちこ先生

 

 

さちこ先生は人の性格やいろいろな個性を受け入れられる、包容力がある先生です。

高校の頃数学が苦手で、初めは平均点以下をよく取っていたようです。高2の冬からもうすぐ受験期になるので英数だけでも勉強しなければいけないと思い、毎日1~2ページずつ問題集を解いて苦手な問題をその都度チェックしていたようです。問題集を2周目に解くときに間違えた問題のみをやり直して間違えたら3周目にまたそれだけ解き直す、を繰り返して理系で困らないくらいに伸ばすことができました。

家庭教師の指導は今回が初めてのようですが、自分が今まで頑張って勉強してきたことを活かして一生懸命頑張りたいとのことです。

 

 

指導するのは和泉市に住む小学4年生の女の子です。人見知りですが、慣れてくるとよく喋ってくれる女の子です。

学校の授業が全体的に嫌いでほとんど聞いていないので、勉強が分からずどんどん苦手になっています。まずは家庭教師と学校の授業は違うということを思ってもらうため、ゲームの話などを聞いて仲良くなり勉強というよりは家庭教師を通して勉強に対する取り組み方を変え、苦手意識をなくしてほしいと思っているそうです。

 

まずは仲良くなることからはじめましょう。慣れてくると自分から話してくれる子なので、興味のある話を絡めた問題を作ってあげ勉強に対する苦手意識を無くしていきましょう!!得意不得意にかなりの差があるみたいなので、得意なものはどんどん伸ばしていきましょう。不得意なものに関しては、基礎から復習していきなにがわかっていないのかを明確にすることが大切です。英語も今のうちから少しずつふれておくことで中学生になって英語が本格的に始まったときにつまづかないようにしていきましょう。日々の勉強の計画を自分で立てるのは大変だと思うので、無理ないように少しずつ生徒さんの様子をみて勉強の習慣をサポートしていきます!

 

 

 

和歌山県立医科大学 つばさ先生

 

つばさ先生は目標に向かって一生懸命頑張ることのできる先生です。

小5から続けていたテニスで、中学では関西優勝し、高校では国体にも出場したそうです。勉強に集中できたのも、スポーツをやって集中力をつけていたからだと思うとのことでした。元々勉強がすごく得意というわけではなかったそうで、難しい問題はなかなか答えられなかったそうです。なので、基礎的な問題をひたすら繰り返し、何回も何回も同じ問題をすることで新しい発見があり、成績向上につながったのだと思います。将来の夢は人を助け、人を支える医師だそうです。

 

指導するのは和歌山市に住む中学1年生と小学5年生の兄弟です。

お兄ちゃんは照れ屋だけど素直な男の子、弟さんはすごく人懐っこい男の子です。お兄ちゃんは元々塾へ行っていたそうなのですが、ただただ行くだけになってしまい肝心の家での予習復習のやり方を掴めず、学校の授業のおさえができていなかったそうです。

弟さんの方は中学受験を悩まれているそうで、どちらに行くにしても学校の授業・基本のおさえは必要になるので、まずは指導日に算数国語理科をメインに分からない所を進めていきましょう。

 

二人とも家での予習復習のやり方が掴めていないみたいなのでまずはそこからサポートしていきましょう!!家庭教師の先生が来た時だけでなく、いないときでも自主的に取り組めるように力をつけていきます。お兄ちゃんは消防士に、弟さんはお医者さんか大工さんになりたいと二人とも素敵な夢を持っています。目標に向かって生徒さんそれぞれにあった細かい計画を立ててあげ、きちんと進められていたら褒めてあげるなど、勉強のモチベーションを保ちながら頑張れる環境づくりを作って指導していきます。

 

 

 

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。