今日は京都市南区と大阪狭山市の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 合格した先生についてご紹介させて頂きます!

京都大学 そうま先生

 

そうま先生は真面目で責任感が強い先生です。

元々勉強は得意なほうで苦手な科目があまりなく、行き詰まったこともほとんどなかったそうです。ですが、大学受験をするにあたって英語が必要レベルに達していないと感じ、高校3年生の夏から塾に通い英語の克服し、無事に京都大学に合格したそうです。

人になにかを教えることは前から好きだったそうで、よく友達に勉強を教えていたそうです。受験が終わってからは、弟さんの勉強をみたり塾講師としてバイトをしていたそうなのですが、元々教えていた生徒さんの受験が終わったことをきっかけに家庭教師に応募したそうです。

 

 

指導するのはに京都市南区に住む中学3年生の男の子です。とても明るく人懐っこい男の子です。

発達障害があり、全体的に勉強を苦手としています。私立の中学校に通っていますが、かなり宿題が多いのと色んなワークがありなかなか授業についていけなくなっているそうで、勉強に対しての自信を失ってしまっているそうです。

目標にしている高校はあるのですが厳しいと言われているらしく、今回は高校受験に向けてのサポートをお願いしました。

 

 

まず勉強に対しての自信を失ってしまっているそうなので、前向きな声かけで励ましながら指導をしてあげましょう!!中1の内容から苦手にしている部分もあるので、教科書や問題集、過去問を使いながら、基礎の内容に集中してしっかりと固めてあげてください。間違えても否定的な言葉を使わず、褒めながら教えてあげることでモチベーションも上がるはずです。

指導とは別の日に親戚のお兄ちゃん宿題の手伝いなどのサポートしてくれるようなので、しっかり計画を立てて生徒さんがその日何をすればいいのか明確にし、根気強く丁寧に指導していきます!

 

立命館大学 まりな先生

 

まりな先生は主観的に物事を見るのではなく客観的に見て、自己やその環境を分析することが得意でな先生です。

かなり負けず嫌いだそうで、周りよりも優れていたいと思うことはもちろん、途中で諦めることも自分への敗北だと見なし、最後までやりきることがまりな先生の信念だそうです。

勉強に関して、成績が伸びないときはこれは自分には合っていない勉強法なのだと理解し、その度に先生に相談し、勉強法を変えていたそうです。相談に乗ってくれていた先生はとても楽しく且つわかりやすく、今まで自分がしたことのなかった勉強のやり方を教えてくれました。必ずしも成績が良い子と同じ勉強法をしても伸びるとは限りません。長期的に継続することで効果は出てきますが、勉強する際にそれを苦痛と思ってしまうのなら継続は困難であり、また身につくことができないと思います。

 あの時勉強のやり方を教えてくれた先生のように私もその人に合った勉強のやり方を見つけて勉強の楽しさを伝えたいとのことで今回家庭教師に応募したそうです。

 

 

指導するのはに兵庫県川西市に住む小学5年生の女の子です。少し人見知りがありますが慣れたらたくさん話してくれる女の子です。

コロナ休暇明けから学校にほとんどいけてないそうです。学校の授業には4年生まではついていけていましたが、小5の前半の内容から完全に抜けてしまっています。単元などの戻り学習とこれから学校の授業で進む箇所の同時並行でサポートをお願いしました。

 

 

元々、勉強は好きではないが宿題はちゃんとしていたそうなので、生徒さんが勉強をすることに対して楽しい、面白いと思ってもらえるように興味のあることを絡めて問題や宿題を出してあげましょう。

自分から進んで勉強するようになれば、自信もつき、学校にも行きたいと言うようになるかもしれません。もし、学校に行ったときに勉強がついていけなくて再度学校に行けないなんてことがないように、しっかりと戻り学習をし、基礎を教えてあげてください。

学校に行けていない分、生徒さんの自由な時間は多いと思います。計画帳を使い、日割りで宿題を出してあげて一人の時でも勉強ができるように生徒さんの学習ペースを管理してあげましょう!

 

コミュニケーションをよく取り生徒さんが自信をもって学校にいけるようサポートします! 

 

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。