今日は伊丹市と東大阪市の先生をご紹介します!

今日は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介をさせて頂きました。

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

大阪大学 つばさ先生

つばさ先生は明るい性格でポジティブ思考な先生で、面倒見がよくコミュニケーションをとるのが得意です。

勉強で始めて行きづまったのは小学校高学年から始まった英語だそうです。わからないのにみんなの前で発表をさせられるのが辛く苦手意識がつき、勉強しても無理だと決めつけていたとのことでした。

ですが、高校受験の時に勉強せざる終えなくなり、塾で一から基礎を教えてもらうと今まで持っていた苦手意識は無くなり、英語が楽しくなっていったそうです。

苦手を乗り越える第一歩は苦手意識を持ちすぎないことだと仰っていました。

生徒さんとのコミュニケーションを大切にして、勉強を教えるだけでなく、色々な話をして一緒に楽しく勉強していけたらいいと思っているとのことでした!

 

指導するのは伊丹市にお住まいの中学2年生の男の子です。

少し大人しいですが、素直で優しい男の子です。いい点数とりたいとやる気あります!

 

元々塾や英会話などをやっていたそうですが、成果がでず辞めてしまったそうです。

理解力はあるので、習った時は難しい問題も解けるのですが、復習をしないためその場その場の学習になってしまいテストで結果が出ないとのことでした。

 

家庭教師ではまず、家での勉強の習慣をつけるために、学校の授業に合わせた予習復習の計画から立ててあげて、家で何をすればいいのを明確にしてあげましょう。

ポイントを押さえて、基本問題を解く。わからないとこは勉強の動画を見たり、調べたりして少しずつでいいので1人で勉強できるようにしていってあげて下さい。指導ごとに小テストしてあげるといいと思います。

長距休暇の際には必ず戻り学習をしてあげてを後になればなるほど大変になるので、できるだけ3年に入る前に基礎だけでもいいので押さえてあげましょう!

 

メリハリのある授業をよろしくおねがいします!

 

 

 

近畿大学 ゆう先生

ゆう先生は、嫌なことがあってもくよくよせず、ポジティブに考えられる先生です。周りの人からは、いつも落ち着いていて優しい雰囲気だと言われるそうです。

中学はずっと部活動に力を入れ、ほとんど勉強をしなかった結果、授業についていけなくなってしまったそうです。一度授業につまずいてしまうと、なかなかやる気も上がらず、そんな時親からの勧めで家庭教師を頼むことになったそうです。その時の先生のおかげで勉強に身が入るようになり、成績もどんどん上がり、最終的に第一志望の高校に入ることが出来たそうです。

将来の夢は、小さい頃から本を読んだり、雑誌を見るのが好きだったので、出版社など本を作る仕事に就きたいと思っているそうです!

 

指導するのは東大阪市にお住まいの中学2年生と小学6年生の姉妹です。

お姉さんは、ソフトボールを頑張っているそうで、毎日疲れて帰ってきてなかなか勉強を取り組めない状態とのことです。

英語がかなり苦手で中1の最初の方から躓いてしまったとのことです。家庭教師では英語だけではなく他の科目も基本から見直して欲しいとのご希望でしたので計画を立てて5教科全体的に見てあげてください!

やる気がない時は自信のある科目をやってあげてモチベーションを保ちながら指導を進めてあげてください!

 

妹さんに関しては、勉強するのが嫌いになっていますが丁寧に教えてあげれば最後まで集中してやってくれるかと思います。

春から中学生なので先取り学習をしながら復習する習慣もつけてあげられるといいですね!

 

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。