今回は奈良県磯城郡と京都市西京区の先生をご紹介します!

今回は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介させて頂きました!

 

奈良県立医科大学 そう先生

そう先生は頼まれると責任を感じ、絶対にやりとげることができる先生です。知りたいと思ったことをすぐに調べたりと好奇心旺盛なところもあります。

中高と6年間ソフトテニス部に在籍していたそうです。文武両道を果たすことは難しいものでしたが、日常的に欠かさず勉強することや基本を理解するのを徹底したおかげで、奈良県立医科大学医学部医学科に現役合格できました。と仰っていました。

大学に入ってもソフトテニス部に入り、楽しい日々を送っているとのことです。

 

 

指導するのは、中学一年生の男の子です。

勉強のやり方や習慣が身についておらず、なかなか結果がついてきていないそうです。

英語がかなり苦手で、単語がおぼえられていません。繰り返し覚えようという努力はしているそうなのですが、なかなか身につかないとのことです。単語は日々の積み重ねになので毎日1つでも単語を覚えていきましょう。また1度覚えても、人は忘れてしまうのもですから、確認テストを毎週行い復習していきましょう。英語は基礎を理解していないと分からなくなってしまう科目です。まずは、簡単な文を疑問文、否定文にすることから始めていくのがおすすめです。基礎を徹底することで、定期テストは楽にこなせるようになります。

 

指導のない日でも無理なく計画的に進められるよう一緒にスケジュール管理を行い、計画帳を利用しながら苦にならないよう一緒に取り組んでいきましょう!

 

 

同志社大学 ゆうや先生

 

ゆうや先生は笑顔が素敵な先生です。

ゆうや先生は小学校5年生から今まで13年間、英語を勉強してきたそうで、特に大学に入ってからはハワイ留学を通してスピーキングの練習にも力を入れ、勉強に励んでいるそうです。英語を使えることで最もよかったことはつながりが増えることだと仰っていました。数学や国語もそうですが、「知っている」ことが増やしてくれる「つながり」は計り知れないものがあると日々感じ、様々なことの勉強を続けていますとのことです。

 

指導するのは、高校3年生のお姉ちゃんと中学1年生の弟さんの同時指導です。

指導は弟さんが中心でお姉ちゃんは分からないところがあればたまに質問したいとのこいっぱいコミュニケーション取って仲良くなることから初めてあげてください。

何事に関しても自信がないようです。なので、プラスの声掛けや今出来ていることを褒めてあげて、本人としてもそこでやってきた成果が感じれるようテストの対策をしっかり行いいい点数が取れるようにサポートしてあげてください。

 

学校の授業より少し先に進んで一緒に予習してあげ、また学校の授業で明日どこやるかなど授業の進行状況を把握してあげて欲しいです。よろしくお願いします。

 

 

家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています! 

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。

スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。