今日は和歌山県和歌山市と有田市の先生をご紹介します!

 今日は2人の先生の最終面接と研修を行い、ご家庭にご紹介をさせて頂きました。

合格した先生についてご紹介させて頂きます!

和歌山県立医科大学 ミコ先生

ミコ先生は責任感の強い真面目な先生です。

 

ミカ先生の自己紹介文

中学生のころは英語の文法につまづいてしまいましたが、その時お世話になった塾の先生のおかげで苦手を克服できました。    簡単な文を疑問文、否定文にすることから始まり、何回も暗唱してノートに書きました。
基礎を徹底することでテストでも点数が徐々に上がっていきました。生徒さんには私が塾の先生にしてもらったように、基礎を徹底した指導をしていきたいと思っています!

 

指導するのは和歌山県和歌山市の中学1年生の女の子です。

 

ご相談内容

ゲームが好きな素直な性格の男の子です。勉強を頑張りたいという気持ちはあるようですが、机に向かってもすぐにゲームをしてしまうそう。お母様が促してやっと宿題にも手をつけるといった感じで、ほとんどやっつけのような勉強になってしまっているとのこと。

最近あった定期テストで数学、英語、国語が赤点になってしまい、危機感を抱いたそう。                   勉強に対してやる気になっているうちに色々と指導してほしい・・・とのことです。

 

 

指導方針

 

机に向かってもすぐにゲームをしてしまうとのことですが、勉強机の上は勉強に使う物だけを出すようまずは整理整頓を行いましょう。勉強道具以外が机に出ていると、どうしても気が散ってしまいます。

また宿題は自分で進めることができるように、指導がない日も勉強の計画を細かく立てていきます。毎日15分でもいいので、勉強は続けていきたいですね。声掛けも意識して行いたいと思います。勉強もゲーム感覚で小さな目標を立てながら、少しずつクリアしていきましょう!

和歌山大学 ヨッチン先生

ヨッチン先生は明るく笑顔が素敵な先生です。

 

ヨッチン先生の自己紹介文

僕は小学生のころからサッカーを続けています。高校のころは毎日練習が忙しく、勉強とサッカーの両立はいつも課題でした。   けれどある時サッカーの練習も勉強も効率が大事、という点で同じだということに気が付き、それからは勉強のスタイルが変わりました。短時間で集中して勉強することでサッカーとの両立ができ、志望校にも合格することができました。                                  もし勉強と部活の両立に悩まれている生徒さんがいたら、僕の経験や短時間集中の勉強スタイルを教えてあげたいです!

 

指導するのは和歌山県有田市の中学2年生の男の子です。

 

ご相談内容

 スポーツ大好きな元気な男の子です。今はバスケ部で毎日練習を頑張っていますが、帰宅が遅いので家で勉強はせず、ご飯を食べたらすぐ寝るような生活になっているそう。成績はだんだんと下がってしまい、今は定期テストの順位も下から数えた方が早いような状態で、お母様が心配されています。そろそろ受験についても考えてほしいとお母様は思っていますが、本人はあまり危機感がないようで、勉強の大切さについても教えてほしい、とのことです。

 

 

指導方針

バスケ部の練習で帰宅が遅いとのことなので、短時間で集中して勉強を行っていきましょう。学校の授業の予習・復習を1日15分でもよいので、まずはやっていきたいですね。定期テストは学校の授業を押さえれば高得点を狙えます。受験に大事な内申点はテストの点数が関わってくるので、しっかりと押さえたいですね。受験勉強を見据えて、今のうちに分からなかった分野については戻り学習をしながら取りこぼしの内容が無いようにしていきましょう。


家庭教師のやる気アシストには他にもたくさんの先生が在籍しています!

 

お子さんに相性ピッタリの先生で勉強が出来るように、研修を通して先生を選定しています。スタッフ一同家庭教師の先生と一緒にお子さんを卒業までサポートしていきます。