和歌山県海南市の中学3年生と中学1年生の兄弟のご家庭にお伺いしました!

今回お伺いさせて頂いたのは大阪市鶴見区にお住まいの小学5年生のご家庭です。

 

お問い合わせ頂いた時のご相談内容

中学3年生の兄と中学1年生の弟の兄弟でのご相談です。兄は受験生ですがタブレットのゲームばっかりで勉強を全くせず、焦ってもいないとのことです。

志望校は決まっていますが、担任の先生からは今のままだと厳しいと言われているようです。

 

弟は発達障害でADHDと診断されているとのこと。弟もパソコンゲームばかりで勉強をしないので、成績が悪いようです。勉強をしようと思ってもやり方が分かっていないのではないかというご相談内容です。

体験授業でのアドバイス内容

ご兄弟ともに勉強の基礎と習慣が身についておらず授業自体も理解できていない状態なので、まずは学校の授業と教科書を中心に予習と復習のやり方をつかみましょう。

そのうえで兄に関しては、入試対策も兼ねて中学校1年生と2年生の総復習をしていきたいですね。

夏休みや冬休みを使って、模試や過去問をやりながら実践的な問題演習にも取り組んでいきましょう。

 

弟に関しては、苦手をこれ以上作らないように、家庭教師がいない一人のときにも何をすればいいか明確に指示を与えて、学習習慣を少しづつでも身につけていきましょうとご提案しました。


お子さんの成績で困っている・なかなかやる気を出さないなど、お子さんの勉強についていろいろなお悩みをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?

 

お子さんの勉強についてお悩みをお持ちの方はぜひ家庭教師のやる気アシストの「無料の体験授業」をお試しください!

体験授業ではお子さんのにあった勉強のやり方やコツを無料でアドバイスしています!

 

まずは一度ご連絡くださいね!