2021年度【令和3年度】京都府公立高校入試(英語)過去問題解説

【京都府】令和3年度/2021年度入学者高校入試選抜試験:英語の解説

京都府の2021年3月実施の令和3年度(2021年度)入学者の公立高校入試問題の解説をしています。

受験勉強において、過去問を解くことはとても効果的な勉強法です。ぜひ、受験までに一度挑戦し、問題の傾向を掴んでおきましょう。合わせて、対策などをたてられるととても良いですね。

また、過去問で苦手な点が見つかった場合は、そこを中心に試験日当日までにしっかりと対策しておきましょう。

 

今年の京都の英語の前期試験の難易度は標準です。例年に比べると今年は問題が簡単だったように思います。
ただ、取り扱う単語の量や大問3の長文問題の文章は難しいので完全に理解するためにはある程度の英語の力が必要になると思います。
聞き取り問題は大問が3つとボリュームが多く、チャイム音に入る言葉の選択があったりと興味深い出題形式でした。
しかし、難易度としては高くはないのでここで点数を取れるように対策をしておくと良いと思います。

 

中期試験の難易度はやや難です。問題自体の単語は簡単ですが、問題が結構難しいです。
文法の知識を問う問題や、長文の内容を要約する問題が出題されるので、しっかりと内容を理解する必要が出てきます。
聞き取り問題は前期と同じ形式で難易度も高くありません。 

 

 【京都府】令和3年度一般入学者選抜の過去問はこちらから

英語(前期)の過去問題はこちら>>

英語(前期)のリスニング過去問題はこちら>>

英語(中期)の過去問題はこちら>>

英語(中期)のリスニング過去問題はこちら>>

 

 京都府の2022年度(令和4年度入学者)の公立高校入試情報はこちら

【前期】大問1:英作文

問1:穴埋め問題

問1:絵の中の会話が成り立つように空欄に入る適切な英語を4語で書く問題です。

【・答え「(例)What time is it」】

日本にいる女性と海外にいる男性が電話で話している場面です。

女性は早朝に電話がかかってきて驚いています。

その後、男性の空欄を含む発言があり、その質問に対して女性は時刻を答えています。

つまり、空欄には時刻を尋ねる疑問文が入ります。

 

〈日本語訳〉

女性:もしもしマイク?何があったの?こんな早い時間に

男性:本当かい?今日本は何時なの?

女性:4時だよ。

男性:それはすみません、でも君に伝えたいことがあるんだ。

 

問2:穴埋め問題

問2:絵の中の会話が成り立つように空欄に入る適切な英語を書く問題です。

【・答え「a…(例)got a letter      b…(例)Shall we go to」】

 

aの解説

健二が友人のグレンダと会話をしている一場面であると問題文に書いてあることと、会話の内容から、健二の弟について二人が話していることが分かります。

空欄の後の文は「彼は大阪での生活について書いていた」とあるので、書くもの、つまり、手紙が来たと言いたいのです。

したがって「got a letter 」が適切です。

 

bの解説

健二の弟が自分たちに会いたがっているという発言を健二がした後、空欄を含む質問文があります。

それに対して、グレンダは「そうしよう」と言っています。

つまり、健二は「一緒に~しませんか?」と言っていると予測できます。

Osakaという単語がある点と、会いたいと言っている点を考慮すると「大阪に行きませんか?」という文章が入ることが分かります。

そのため、主語はweで、勧誘の表現である「Shall we~?」を使います。

 

〈日本語訳〉

グレンダ:あなたの弟である はるき に久しく会っていないわ。彼はどうしているの?

健二:彼は元気ですよ。昨日彼から手紙が来ました。大阪での生活について書いていたよ。

グレンダ:それはいいわね。彼は楽しんでいるの?

健二:楽しんでいるよ。彼は私たちに会いたがっているよ。一緒に大阪に行かない?

グレンダ:行こう!

健二:分かった、彼に伝えておくよ。

 

【前期】大問2:長文読解(会話文)

リサが、通りすがりの人に道を聞いている場面の会話文です。

地図を見ながら答えていく必要があるようだと予測できますね。

 

〈日本語訳〉

リサ:すみません、助けてくれませんか?

通りすがりの人:はい、もちろんです。

リサ:見てください、この町の地図を持っているのですが、私は今どこにいるのかわかりません。私は私の国からくる友人と会うためにヒカリ駅に行きたいです、また、その前に、ユメという名のこのケーキ屋さんに行きたいです。ケーキ屋さんと駅への行き方を教えてくれませんか?

通りすがりの人:もちろんです。私たちはこの地図のここにいます。

リサ:なるほど。

通りすがりの人:ケーキ屋さんに最初に行きたいんですよね?この通りにそって歩いて、最初の曲がり角で左に曲がってください。少し歩くと、右側にケーキ屋さんがあります。5分でそこにつくことができます。それは私のお気に入りのケーキ屋さんです。

リサ:初めってそのケーキ屋さんにいきます。どのケーキを買うべきですか?

通りすがりの人:えーっと、チョコレートケーキがとてもおいしいと思います。

リサ:なるほど、買ってみます。ところで、ケーキ屋さんから駅まで行くのにどれくらい時間がかかりますか?

通りすがりの人:駅へ行く道がいくつかあります。一番簡単な道だと、20分かかります。

リサ:

通りすがりの人:

リサ:

通りすがりの人:

リサ:

通りすがりの人:

リサ:

通りすがりの人:

リサ:

通りすがりの人:

リサ:

通りすがりの人:

問1:穴埋め問題

問1:①③に共通して入る最も適当な1語を書く問題です。

【・答え「how」】

①Could you tell me how to go to the cake shop and the station?

話の流れから、リサはケーキ屋さんとヒカリ駅への道を尋ねたいという事が分かります。

道を尋ねる際は、「~への行き方」という表現で、「how to go to ~」を使います。

 

③Then, how long will it take to go to the station from the cake shop?

空欄後の2文に注目すると、「駅へ行く道がいくつかあります。一番簡単な道だと、20分かかります。」と言っています。

つまり、どれくらいの時間がかかるかを答えています。

したがって質問は「どれくらいの時間かかりますか?」という内容にすればよいとわかります。

かかる時間を聞くには「How long」という表現を使います。

 

問2:選択問題

問2:地図と本文のを正しく読み取り、【下線部②、つまり、今二人がいる場所(現在地)】を地図から選ぶ問題です。
【・答え「イ」】

6個目の会話文(Passerbyの3回目の発言文)を見ると、現在地からケーキ屋ユメへの行き方について話しています。

この内容と地図を照らし合わせることで答えが分かります。

「現在地から少し歩いて、初めの角を左に曲がり、少し歩くと、右側にケーキ屋がある」と言っています。

したがって、地図を見ると(イ)の位置が現在地だとわかります。

 

問3:選択問題

問3:④に入る表現として適切なものを選択肢ア~エの中から選ぶ問題です。

【・答え「ウ」】

話の流れを大まかに説明すると、リサはケーキ屋への行き方と、駅への簡単な行き方を教えてもらいました。

その後、駅へ最も短時間で行くことのできる行き方も教えてもらいます。しかし、その方法は早く着く代わりに、少し道が見つけずらいというのです。

それを受けての発言が空欄を含む文章です。

「私は友達と3時に合う予定です。だから、この難しい道を行きます。」と言っており、その理由となる部分が空欄に入ります。

 

〈日本語訳〉

(ア)もしケーキ屋を今出発したら、私は5分で駅に着くことができるだろう。

(イ)ケーキ屋さんに行った後、2:50に駅に着くことができるだろう。

(ウ)ケーキを持って20分以内に駅に着きたい。

(エ)ケーキを買う前に2:40に駅に着きたい。

 

問4:選択問題

問4:本文の内容と一致する英文として最も適当なものを選択肢ア~エの中から選ぶ問題です。
 【・答え「ウ」】

 

大問3:

  今すぐご相談をご希望の場合はお電話がおすすめ!
受験に関するご相談・お悩みはこちら

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

【中期】大問1:文章問題

大問1 問題

次の英文は、中学生の真由実(Mayumi)が行ったスピーチである。これを読んで、問⑴~⑻に答えよ。(20点)

 

 Last year, all the students in my class had a work experience.  Each student went to a place in our town and worked there for three days to know more about the job. One student worked at a flower shop and another student went to a restaurant.  I worked at a *bakery called Mugi.  Before the work experience,  I  ①(worry)  about it a little,  but I became excited when I started it.

 

 The bakery has been popular for many years.  There are many kinds of *bread there. My friends and I often go there to buy our favorite bread.  We like  ②(eat)  the bread and we often talk about it.  *Through the work experience,  ③[(ア) the bakery  /  (イ) I  /  (ウ) so popular  /  (エ) understood  /  (オ) is  /  (カ) why ].    I learned a lot about the way to make and sell bread.

 

 *Workers at the bakery taught me how to make bread.  I learned a lot of things to do for making bread.  【④】 them,  it was interesting for me to make *dough and to *shape it in to bread.  When the workers make the dough, they use water as one of the *ingredients.  They change the *amount of it to make the best dough for each day because the *temperature and the *humidity change every day.  They said,  "It is difficult to make the dough,  but we always try to make the perfect dough for the day."  After they finish making the dough,   they shape it well into each bread.  I wanted to do it like them,  but it was difficult for me to shape the dough into bread. One worker said,  "It takes a few years to be able to make nice bread."  Now, I know it takes a lot of effort to make bread.

 

 Workers at the bakery make many kinds of cards,  and put them in front of each kind of bread in the shop.  The cards show messages from the workers to customers.  For example,  one message is about special ingredients and *taste.  I tried to write a card about my favorite bread,  but I didn't know how to write a good card.  One worker said to me,  “You can write your *feelings about your favorite bread,  and the reason for always buying it."  I did my best to write the card.   I was excited because it was put in front of the bread in the shop.  One worker said to me,  "I love your card.  It makes me happy because I understand that you enjoyed making it.  Also, it shows your feelings about your favorite bread as a 14-year-old girl.  Some customers bought the bread because they became interested in it after reading your card."  I was very happy to hear  ⑤that , and I wanted to make better cards.  Then, I asked some workers,  "How do you make nice cards?"  One of them said,  "We try to learn a lot about every kind of bread in our bakery.  Also, we read many books,  and we often go to other bakeries to see good examples.  We want to show the customers the good points of our bread,  and we want  ⑥them  to try the bread."  Now, I know it takes a lot of effort to sell bread.

 

 Through the work experience,  I learned that workers are working very hard and I wanted to know the reason.  Then, I asked some workers,  and they said that they want to make many people happy,  so they do their best every day.  They also said that they become happy when they make customers happy.  Before this experience,  I thought people work only for their lives,  but now,  I understand that they also work hard for other people.  If the workers can make other people happy,  the workers will work harder.  In the future,  I want to work for other people like them.  I tried a lot of things at the bakery,  and that made me tired.  However,  the work experience was great because I was able to learn a lot and see a new world. 

 

 After I finished the work experience,  I went to the bakery and bought bread.  The taste was special and wonderful to me because I understood the feelings and the effort of the bakery workers.

 

(注)

  • bakery:パン屋
  • bread:パン
  • through~:~を通して
  • worker:働く人
  • dough:(パンなどの)生地
  • shape ~~into…:~を…の形にする
  • ingredient:材料
  • amount:量
  • temperature:気温
  • humidity:湿度
  • taste:味
  • feeling:気持ち

 

 


下線部 ①(worry)   ・  ②(eat)  を、文意から考えて、それぞれ正しい形にかえて1語でかけ。

 

下線部③の [ ] 内の(ア)~(カ)を、文意が通じるように正しく並べかえ、記号でかけ。 

 

【④】に入る語として最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)Against

(イ)Among

(ウ)During

(エ)Into

  

次の英文は、下線部⑤が指す内容について説明したものである。これを読んで、下の問い(a)・(b)に答えよ。

 Mayumi enjoyed making the card,  and one worker at Mugi understood that,  so the worker loved Mayumi's card and became happy.  Also,  the card showed  【ⅰ】.  Some customers bought the bread because they wanted to try it 【ⅱ】 the card. 

(a)本文の内容から考えて、【ⅰ】に入る表現として最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)the customer's feelings about Mugi

(イ)the worker's favorite bread

(ウ)Mayumi's feelings about her favorite bread

(エ) the bakery loved by many people 

 

(b)本文の内容から考えて、【ⅱ】に入る表現として最も適当な部分を、本文中から2語で抜き出して書け。

 

 

下線部⑥が指す内容として最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)people visiting Mugi to buy bread 

(イ)people working at other bakeries

(ウ)people writing the good points of bread

(エ)people making bread to sell

 

本文の内容から考えて、次の〈質問〉に対して下の〈答え〉が成り立つように、【 】に入る最も適当な1語を書け。

〈質問〉What do the workers at Mugi do for making the best dough for each day?  

〈答え〉They change the amount of 【 】.  It is one of the ingredients for making the dough.

 

(ア)Mayumi and her friends often visit Mugi to buy new kinds of bread. 

(イ)The cards showing the messages from the workers at Mugi were put in front of the shop.

(ウ)The workers at Mugi read some books to show examples of the card to other bakeries.

(エ)Mayumi bought bread at Mugi after the work experience, and it tasted special and wonderful to her.

 

次の英文は、このスピーチを聞いた中学生の優都(Yuto)と留学生のアンドレ(Andre)が交わしている会話の一部である。これを読んで、下の問い(a)・(b)に答えよ。

Yuto : What did Mayumi learn through the work experience?

Andre: She talked about that in her speech.  She understood that workers at Mugi do a lot of things for making and selling bread,  and now,  she knows that is their 【ⅰ】.

Yuto : That's good.  I had a work experience at the post office,  and I learned that workers there also work hard.  They work hard because they want to carry someone's feelings with letters.  That helps many people.  I think that is their reason for working.

Andre: Mayumi understood such a thing at Mugi, too.  Before that,  she thought people only work to live.  However,  after the work experience,  she understood that they also  【ⅱ】.  And she wants to work like that in the future.

 

Yuto : Yes. I want to work like that, too.

 

(a)【ⅰ】に入る語として最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)communication 

(イ)effort

(ウ) messages

(エ)mistakes

 

(b)【ⅱ】に入る表現として最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)have a lot of experiences to see a new world

(イ) have a work experience with their classmates

(ウ)work to make other people happy

(エ)work to make the best bread

 

大問1 解答

⑴ ①worried  ②eating

 

⑵ イ→エ→カ→ア→オ→ウ

 

⑶ イ

 

(a)ウ

(b) after reading

 

⑸ ア

 

⑹ water

 

⑺ エ

 

(a) イ

(b) ウ

 

大問1 解説

①worried

このあたりの文章は職業体験に行く前のお話で、他の動詞も過去形であることから、過去形に変えて書きましょう。

②eating

前に「like」という目的語が必要な動詞があるため、その後ろには名詞がきます。したがって、動名詞の「eating」が正解です。

 

⑵ イ→エ→カ→ア→オ→ウ

「I understood why the bakery is so popular.(なぜそのパン屋さんがそんなに人気があるのかわかった)」となります。

「主語+動詞+疑問詞+主語+動詞」 の形です。

whyの後は間接疑問文になっています。「主語+動詞」の順番であることに注意しましょう。

 

⑶ イ

前後の文章を訳すと、「私はパンを作るためにするたくさんのことを学んだ。【 】生地を作ったり、パンに成型したりすることが私には面白かった。」となります。

したがって、たくさんの中から、一部を取り上げて話しているという流れが読み取れるので、「Among them:それらの中で」が適切です。

 

(a)ウ

4段落の8文目より「Also, it shows your feelings about your favorite bread as a 14-year-old girl.」と書いてあり、「それ(カード)は、あなたの好きなパンについてのあなたの気持ちを示している」と言っています。

 

(b) after reading

4段落の9文目より「 Some customers bought the bread because they became interested in it after reading your card.」とあり、ここの「after reading」を抜き出します。

 

⑸ ア

themは同じ分の前半にある「the customers 」を示しています。したがって、お客様を言い換えた人を書けばよいので、アを選びます。

 

⑹ water

第3段落の4・5文目を参照すると、湿度や気温は毎日違うのでそれに応じて水の量を変えると言っています。

 

⑺ エ

(ア)マユミと彼女の友人は、新しい種類のパンを買うためによくムギに行きます。

第2段落の3文目から、「our favorite bread」と書いてあり、新しい種類を買うのではないことが分かり、誤りです。

(イ)ムギで働いている方からのメッセージを示しているカードは、店の前においてある。

第4段落の1文目に「in front of each kind of bread」とあり、店の前ではないので誤りです。

(ウ)ムギで働いている方は他のパン屋さんにカードの例を見せるために、何冊かの本を読んでいる。

第4段落の後ろから3文目を参照すると、他のパン屋さんに行くのは「良い例を見に行くため」だという事がわかり、誤りです。

(エ)マユミは職業体験の後、ムギでパンを買うと、それは彼女にとって特別で素晴らしい味がする。

最期の段落を参照すると、正しい内容であることが分かる。

 

(a) イ

「she knows that is their 【ⅰ】」のthatは、「a lot of things for making and selling bread」を示しているので、「努力」であるイが正解です。

ア:交流、ウ:メッセージ、エ:間違い

 

(b) ウ

職業体験の後、働いている人々は生活の為だけに働いているのではないことを知ったという会話の流れですね。

そして、空欄を含む文には、生活の為以外の働く理由が入ると予測できます。

そこで、そのような内容が書かれている第5段落を参照すると、2行目に「that they want to make many people happy,」とあります。

 

【中期】大問2:文章問題

大問2 問題文

次の英文は、高校生の直希(Naoki)と友人のソヨン(So-yeon)が、テレビ電話で交わしている会話である。次のホームステイプログラムのスケジュールの一部を参考にして英文を読み、下の問い⑴~⑷に答えよ。

 

Naoki :Hi, So-yeon.  You said you are interested in studying in America, right?

So-yeon: Yes.  I want to do that when 1 become a  *college student,  but I don't know much about it.

Naoki :My brother took part 【①】a  homestay program in America in his first year at college.  Look, he gave me the schedule of it.

So-yeon: Is he studying at college in Japan now?

Naoki : Yes. He is trying hard to work abroad in the future.

So-yeon: Wow!  That sounds great.

Naoki:My brother always says using different languages will help him.  English is one of them.

So-yeon: I see.  In this program,  he had some English lessons 【②】, right?

Naoki : Yes.  He said that there were some students from different countries in his class,  and studying with such classmates was a good chance to use English for communication.

So-yeon: And after lunch,  he 【③】, right?  All of them look fun.

Naoki :Yes.  For example,  he played sports with his classmates. Also,  he studied about American  *culture in a special class and visited a *local factory.  He listened to the *explanation about the local factory in English.

So-yeon: That sounds really hard to me.

Naoki :Does it?  But he enjoyed that because he understood the explanation while he was looking around the local factory.

So-yeon::Good. I think having such an experience in America was good for him when he tried to learn English in the program.

Naoki: I agree with you.  He spent a lot of time with his *host family after school and every weekend,  and that was also a good experience of life in America for him.

So-yeon::Look at Wednesday,  August 8.  Did he start playing games near the lake in the evening? 

Naoki: Yes.  In that part of America,  it is not dark at about eight or nine p.m. in the summer.

So-yeon: So he began to play games at five thirty in the evening and had enough time.  What is "brown bag lunch"?

Naoki :It is like a bento.  My brother made some sandwiches every morning,  and he put them in a brown paper bag and brought it to school.  Sometimes,  he put some fruits in the bag, too.

So-yeon: People in America use brown paper bags for carrying their lunch,  so they call it ”brown bag lunch", right?

Naoki :That's right.  He liked it very much,  and he does the same thing even in Japan. 

So-yeon::I understand him.  If I become interested in a culture,  I want to know how people live there and try to do the same things

 

 

スケジュール(schedule)の一部

 

 

Monday

August 6

8:30 a.m. speaking/listening

10:00 a.m. reading/writing

noon brown bag lunch

12:30 p.m. use the computer at the library

2:30 p.m. play volleyball

4:30 p.m. go home with host family

Tuesday

August 7 

 8:30 a.m. speaking/listening

10:00 a.m. reading/writing

noon brown bag lunch

12:30 p.m. use the computer at the library

2:30 p.m. special class "American culture"

4:30 p.m. go home with host family

Wednesday

August 8

 8:30 a.m. speaking/listening

10:00 a.m. reading/writing

noon brown bag lunch 

12:30 p.m. visit a local factory

【 】 p.m. play games near the lake with host families

 

(注)

 

  • college:大学
  • culture:文化
  • local factory:地元の向上
  • explanation:説明
  • host family :ホストファミリー

 

⑴【①】に入る最も適当な1語を書け。

 

⑵ 【②】【③】に入る表現の組み合わせとして最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)②in the morning ③did different kinds of things

(イ)②at twelve thirty ③id his homework at the library 

(ウ)②on August 7 ③played volleyball for two hours

(エ)②before lunch ③played some games with host families 

 

⑶本文の内容から考えて、スケジュール(schedule)の一部中の【 】に入るものとして最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)4:30

(イ)5:30

(ウ)8:30

(エ)9:30

 

 

 

⑷本文の内容と一致する英文として最も適当なものを、次の(ア)~(エ)から1つ選べ。

(ア)Naoki is studying hard in Japan because he wants to work in other countries in the future.

(イ)So-yeon thinks it was good for Naoki to have some experiences in America for learning English.

(ウ) So-yeon is interested in American school culture, so she has tried the same things even in Japan.

(エ) Naoki's brother liked "brown bag lunch", and he brings it to college even after coming back to Japan.

 

大問2 解答

⑴ in

 

⑵ ア

 

⑶ イ

 

⑷ エ

大問2 解説

⑴ in

これはテストによく出る表現です。「take part in~」で「~に参加する」という意味です。

今回は過去形で使用されています。

 

⑵ ア

これは、スケジュールの表を見ながら答える問題です。

②では、英語の授業がいつ入っているのか確認しましょう。

③では、昼食後に何をしているか見比べることで答えが分かります。いつも異なることをしていますよね。

 

⑶ イ

最後から3番目のソヨンの発言を参照すると正解が分かります。

「So he began to play games at five thirty in the evening and had enough time.  」

とあるように、答えが英語で書かれています。

 

⑷ エ

(ア)直希は将来他の国では働きたいので、日本で一生懸命勉強しています。

直希の3番目の発言より、これは直希のことではなく、直希の兄のことだとわかります。そのため、誤りです。

(イ)直希がアメリカで英語を勉強する経験を積んだことは、直希にとって良い事だと、ソヨンは思います。

アの時同様、アメリカで学んでいるのは直希の兄です。したがって誤りです。

(ウ) ソヨンはアメリカの学校文化に興味があるので、日本でも同じことをしようとした。

確かにソヨンはアメリカの学校文化に興味はあるが、日本でも同じことをしようとしたという記述はない。

(エ)直希の兄はブラウンバックランチ好きなので、日本に帰ってきた後も大学にそれを持って行く。

これが正解です。直希の最後の発言を参照してみてください。

 

その他の京都府公立入試に関する情報

前年度の英語の公立高校入試過去問題

・令和2年度 京都府公立高校入試(英語)

令和3年度の公立高校入試過去問題

・令和3年度 京都府公立高校入試(国語)

・令和3年度 京都府公立高校入試(数学)
・令和3年度 京都府公立高校入試(理科)

・令和3年度 京都府公立高校入試(社会)

 その他の過去問はこちら

 

志望校に合わせた受験対策なら、やる気アシストにお任せ下さい!

家庭教師のやる気アシストは、過去の入試問題も分析し京都府の入試問題の傾向やチェックポイントなどをまとめて、受験対策を行っています。

 

家庭教師のやる気アシストは高校受験に強い家庭教師!昨年度の合格率は、関西エリア全体で97.3%という結果を残すことが出来ました!その 高い合格率の秘訣は、過去問を分析した対策や指導経験豊富な先生の指導力に加え、1対1の指導でお子さん一人ひとりの状況に合わせた、お子さんだけのカリキュラムで勉強が進められるから!

 

家庭教師のやる気アシストなら、お子さんの志望校に合わせた指導で合格まで全力でサポートさせて頂きます! 

受験当日までの限られた時間です。少しでも気になった方は、すぐにお問合せ下さい!
1日でも早く対策を始めることが合格への近道です。

 

 今すぐご相談をご希望の場合はお電話がおすすめ!
受験に関するご相談・お悩みはこちら

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

アシストの指導方法がじっくり見れる!知れる!無料の体験授業実施中

私たち家庭教師のやる気アシストでは、体験授業の際に高校受験を見据えた勉強のやり方やコツを教えています。勉強には必ずつながりがあるので、入試目前に詰め込み学習をするよりも、なるべく早く受験に向けての姿勢づくりをしていった方がお子さん自身の負担が少なくなり、理解度も上がるので、高校に進学してからも勉強でつまずきにくくなります!

 

体験を受けることによって、受験に向けての道筋がはっきりするから勉強のやる気がでて、なおかつそのやる気を持続させることができるんです!

 

「勉強のやり方がわからない…」「何から手を付けたらいいかわからない …」というお子さんはぜひ私たちの体験授業を受けてやる気アップのきっかけにしてください!

 

家庭教師は初めてという保護者様へもしも色々な勉強法をご検討中であれば、一番にお電話ください。やる気アシストでは、家庭教師を受けたことが無い方にも安心して始めて頂けるように、細やかな疑問、質問にも分かりやすくお答えしています。どうぞお気軽にお電話ください。

『家庭教師ってどんな感じ?』『体験だけでもいいの?』『今の勉強方法と比べてみたい』そんな気持ちを持っている保護者さまほど、お役に立てる自信がありますのでお気軽にご相談ください。
私たちやる気アシストは、勉強で悩んでいるお子さんや保護者さまにとって、『無料の体験授業』がこれから大切な一歩を踏み出すキッカケ になれば嬉しいです。

 よく読まれている記事