2021年度【令和3年度】奈良県公立高校入試(国語)過去問題解説

【奈良県】令和3年度/2021年度入学者高校入試選抜試験:国語の解説

奈良県の2021年3月実施の令和3年度(2021年度)入学者の公立高校入試問題の解説をしています。

受験勉強において、過去問を解くことはとても効果的な勉強法です。ぜひ、受験までに一度挑戦し、問題の傾向を掴んでおきましょう。合わせて、対策などをたてられるととても良いですね。

また、過去問で苦手な点が見つかった場合は、そこを中心に試験日当日までにしっかりと対策しておきましょう。

奈良県の国語は読解問題2つ、古文1つ、作文問題1つの計4つの大問から構成されます。大問の順番は年度毎に異なりますが、構成自体は変わりません。

難易度としてはやや難です。記述の割合が少し多いですが、問題自体はオーソドックスな問題が多いです。最近では「行書」が出てくるのも特徴の一つに上げられるかもしれません。

 

 【奈良県】令和3年度一般入学者選抜の過去問はこちらから

国語の過去問題はこちら>>

 

奈良県の2022年度(令和4年度入学者)の公立高校入試情報はこちら 

大問1:

大問2

問題文

(一)

 

(二)

 喜びの便りがくるのを待つ。

 もうすぐ一雨くるようだ。

 留学生が私のクラスにくる

 よい考えが浮かんでくる

 

(三)

 フランス語はフランス人にとって違和感のない言葉遣いのようだが、日本語は発音が不明瞭で伝わりにくいものであった。

 フランス語はとても流ちょうな話しぶりだったが、日本語は言葉遣いに誤りがあり、どこかたどたどしさを感じさせるものであった。

 フランス語は用務に役立つものであり、日本語はたいそう丁寧で時代がかった、現在の言葉遣いとは合わないものであった。

 フランス語も日本語も、若々しさは感じられないものの、とても美しい言葉遣いであり、上品な人柄が伝わってくるものであった。

 

(四)

ア 筆者の体験に基づいて仮説を立て、その妥当性を複数の視点から検証し、新たな定義として整理している。

イ 一般的な考えを説明した上で、筆者の実体験を根拠として自らの見解を解説し、結論づけている。

ウ はじめに複数の事例を挙げ、そこから共通して読み取れることを筆者の主張として示し、論をまとめている。

エ 身近な課題から書き始め、その背景の分析と検討を重ねた上で、筆者の考える解決策を示している。

解答・解説

 今すぐご相談をご希望の場合はお電話がおすすめ!
受験に関するご相談・お悩みはこちら

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

大問3

問題文

 山  緑  花  色  映

解答・解説

大問4

問題文

(1)

 

(2)

 すっかり忘れているということ

 うっかり忘れるということ

 緊張して忘れるということ

 知らぬ間に忘れるということ

 

(3)

 互いに相手の言葉をよく聞いてその場に合うせりふと即興で話すことが、稽古以上に優れた狂言をするためには必要だから。

 本番の舞台で息の合った狂言ができるように、すべてのせりふを十分に理解して話すことを日々の稽古で徹底しているから。

 狂言においては、本番の舞台でせりふを間違えないことよりも、表情やしぐさと合わせて自然に話すことの方が大切だから。

 相手への言葉は、事前に準備するものではなく、相手の言葉を受けて出てくるという日常を手本として狂言をしているから。

解答・解説

大問5

問題文

春香さんの中学校では、卒業を控えた三年生が後輩に伝えたい言葉と、その言葉についての思いを文章に書き、冊子にまとめることになった。次の【  】内は、春香さんが書いた【文章の下書き】である。これを読み、各問いに答えよ。

(一)

 

(二)

 理想を見失わずに努力し続ける私を認め、励ますための言葉だったのです。

 不足している内容を加え、読み手に思いを正確に伝えようとする。

 これまでの内容をまとめ、読み手にわかりやすく伝えようとする。

 話題を転換し、読み手に異なる考えを新たに伝えようとする。

 別の具体例を追加し、読み手に説得力をもって伝えようとする。

 

(三)

条件① 二段落構成で書くこと。第一段落では、あなたを前向きな気持ちにしてくれることを具体的に書き、第二段落では、それについてのあなたの思いを書くこと。

条件② 原稿用紙の使い方に従って、百字以上百五十字以内で書くこと。ただし、題、自分の名前は書かないこと。

解答・解説

その他の奈良県公立入試に関する情報

前年度の国語の公立高校入試過去問題

・令和2年度 奈良県公立高校入試(国語)

令和3年度の公立高校入試過去問題

・令和3年度 奈良県公立高校入試(数学)

・令和3年度 奈良県公立高校入試(英語)
・令和3年度 奈良県公立高校入試(理科)

・令和3年度 奈良県公立高校入試(社会)

 その他の過去問はこちら

 

志望校に合わせた受験対策なら、やる気アシストにお任せ下さい!

家庭教師のやる気アシストでは、お子さんに合った受験対策ができるよう、受験生を中心に、体験授業の際や担当家庭教師との事前研修の際にも志望校や入試を見据えて指導方針を考えています!

 

ご家庭と、担当家庭教師、アシストの連携がしっかりしているからこそ、安心して受験に臨むことができる授業にすることができるんです!指導を進めながら、志望校のご相談に乗ったり、成績に合わせて志望校を決めたり…学校の面談だけでは決めきれない場合や悩んでしまう場合もぜひお任せください!

 

普段の予習復習など、学校の内容に合わせた授業はもちろん、それらに関連付けながら過去問の解説などの受験対策も行っていくことができるので、効率よく普段の勉強と受験勉強の両立ができます! 

 今すぐご相談をご希望の場合はお電話がおすすめ!
受験に関するご相談・お悩みはこちら

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

アシストの指導方法がじっくり見れる!知れる!無料の体験授業実施中

私たち家庭教師のやる気アシストでは、体験授業の際に高校受験を見据えた勉強のやり方やコツを教えています。勉強には必ずつながりがあるので、入試目前に詰め込み学習をするよりも、なるべく早く受験に向けての姿勢づくりをしていった方がお子さん自身の負担が少なくなり、理解度も上がるので、高校に進学してからも勉強でつまずきにくくなります!

 

体験を受けることによって、受験に向けての道筋がはっきりするから勉強のやる気がでて、なおかつそのやる気を持続させることができるんです!

 

「勉強のやり方がわからない…」「何から手を付けたらいいかわからない …」というお子さんはぜひ私たちの体験授業を受けてやる気アップのきっかけにしてください!

 

家庭教師は初めてという保護者様へもしも色々な勉強法をご検討中であれば、一番にお電話ください。やる気アシストでは、家庭教師を受けたことが無い方にも安心して始めて頂けるように、細やかな疑問、質問にも分かりやすくお答えしています。どうぞお気軽にお電話ください。

『家庭教師ってどんな感じ?』『体験だけでもいいの?』『今の勉強方法と比べてみたい』そんな気持ちを持っている保護者さまほど、お役に立てる自信がありますのでお気軽にご相談ください。
私たちやる気アシストは、勉強で悩んでいるお子さんや保護者さまにとって、『無料の体験授業』がこれから大切な一歩を踏み出すキッカケ になれば嬉しいです。

 よく読まれている記事