【国語】いろは歌と現代仮名遣い

今回から古文の基本について勉強していきたいと思います。

最初に昔の日本語の勉強に使われた「いろは歌」を題材に、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すことを練習していきましょう!

1.いろは歌とは

いろは歌とは仮名を重複させずに使って作られた47字の歌です。手習いの手本として広く受容され、近代にいたるまで用いられました。
「いろは」は初歩に習得べき事という意味もあります。

この章では、いろは歌を詠んで昔のひらがながどんなものであったかを学んでいきましょう!

いろは歌 歴史的仮名遣い

いろはにほへと

ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせず

いろは歌 現代仮名遣い

色はにおえ

散りぬるを
我が世たれぞ
常なら

の奥山
きょう越えて

浅き夢みじ

えいもせず


所々濁点「゛」がついていますが、それ以外に大事なところは太文字にしました。
古文の文章を当時の読み方のまま書き表した表記(古い読み方)を歴史的仮名遣いと呼びます。
また、古文を現代の読み方で読んだ時の発音通りの表記を現代仮名遣いと呼びます。

2.現代仮名遣いの規則

それでは前章で行った、歴史的仮名遣いを、現代仮名遣いに直す練習を重ねていきましょう。

 

決まりが幾つかあるので早速見ていきましょう!

2-1.決まり①:「ゐ・ゑ・を」=「い・え・お」と変える

ゐとゑは現代は用いられない、ワ行の言葉です。歴史的仮名遣いではワ行は「わゐうゑを」となります。これを現代のア行「あいうえお」に変換して読めば大丈夫です!


(例)ゐぬ→いぬ、ゑびす→えびす、をしぼり→おしぼり
※いろは歌は「ちりぬる」で変えないので注意してください。

2-2.決まり②:文の頭を除く「は・ひ・ふ・へ・ほ」=「わ・い・う・え・お」と変える

これも簡単です。ハ行をほとんどア行に変えれば大丈夫です。「は」を「わ」と読むのは現代でも同じなのでなじみがあると思います。

(例)あはれ→あわれ、ひひらぎ→ひいらぎ、こたへ→こたえ
※いろは歌は「いろにおえど」で変えないので注意してください。

2-3.決まり③:単語の中に「う」「ふ」が出たら注意する

少し難易度が上がります。「う」「ふ」の前の段(くならウ段、へならエ段)が「ア段」「イ段」「エ段」の時に注意が必要です。

  • 「ア段」+「う」or「ふ」=「おう」(例)たうたう→とうとう
  • 「イ段」+「う」or「ふ」=「~ゅう」(例)うつくしう→うつくしゅう
  • 「エ段」+「う」or「ふ」=「~ょう」(例)てふてふ→ちょうちょう

2-4.決まり④:「くゎ」=「か」、「ぐゎ」=「が」と変える

(例)くゎぶとむし→ぶとむし

(例)しゃうぐゎつ→しょ

2-5.決まり⑤:「ぢ=じ」、「づ=ず」と変える

(例)もみぢ→もみ
(例)しづく→し

2-6.決まり⑥:「む=ん」と変える

(例)常ならむ→常なら

3.いろは歌の意味

さてここでは1章で取り扱ったいろは歌の現代語訳をしていきたいと思います。
コラムに近い内容ですが、確認してみてください。

いろは歌 現代仮名遣い

色はにおえ

散りぬるを
我が世たれぞ
常なら

の奥山
きょう越えて

浅き夢みじ

えいもせず

いろは歌 現代語訳

(花の)色は美しく輝くけれども、
(いつかは)散ってしまう。それならば、
我々のこの世の誰が、
ずっと変わらないままであろうか。
色々なことが起こる人生の奥深き山を、
今日も越えていく。
浅い夢は見ないようにしよう。
心を奪われたりもしない。


最後までお読みいただきありがとうございました。

他にも様々なお役立ち情報をご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください!

  無料の体験授業のお申込み・お問合せはこちらから

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

よく読まれている記事