【英語】不定詞の応用~不定詞を使った構文~

 

今回は、不定詞について解説していきます。

前回は、「~すること」という表現として、動名詞と不定詞を紹介しましたね。

ちなみに、動名詞には「~すること」以外の意味はありません。

不定詞の三つのはたらきについて確認しておきたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

不定詞の特徴として、不定詞を使った構文を作れることががあります。

本記事では、不定詞を使った6つのフレーズを紹介します。

 

本記事では中学英語で必須な、不定詞フレーズを覚えていきましょう。

 

 

 

目次

不定詞の3つの用法

まず、3つの用法をまとめて紹介します。

  1. 名詞的用法:~すること
  2. 形容詞的用法:~するための、~すべき
  3. 副詞的用法:~するために

このような用法があります。

すでに習っている「~すること」は名詞的用法ですね!

 

では、順番にみていきます。

 

1.It is ~ for 人 + to不定詞 

 

まず、不定詞を使った下の例文を見てください。

  

To study English at home by myself is hard for me. 

 

英語は「主語 → 動詞」の順に並ぶので、「To study English at home by myself」の部分が主語、be動詞のisが動詞の役割をしていることになります。

 

主語になることができるのは品詞は名詞だけですから、主語に含まれるstudyという動詞はto studyと不定詞の形をとって名詞的用法で使われているわけです。

 

この文で使われている「hard」は難しいの意味ですから、訳すと、「家で1人で英語を勉強するのは大変だ」といった意味になります。

 

 

みなさんも感じたかもしれませんが、この文の主語は非常に長いですね。

このように主語の長い文は、どこまでが主語で、どこからが動詞なのか分かりづらくさせてしまい、文意が伝わりにくい

文章になってしまいます。

 

そこで、この文を主語が短い形に変えたいと思います。

 

まず、長い主語をitに置き換えます。

するとIt is hard for me となります。

これならすぐに文意が伝わりますが、置きかえらたitの内容が消えてしまっています。

なので、すぐ後ろに持ってきてあげましょう。

すると下のような文が出来上がりますね。

 

It is hard for me to study English at home by myself. 

 

このように長い主語に代わりに仮の主語のはたらきをするItのことを形式主語や仮主語といいます。

仮主語はあくまで仮の主語です。本当の主語はto study ~ですので

この「It is ~ for 人 + to不定詞」の形は頻出ですので、必ず覚えておきましょう。

※for 人の部分はない場合もあります。

 

 

【まとめ】不定詞の名詞的用法

  • 意味:~すること
  • 「to  + 動詞の原形」という形
  • 名詞単数扱いとなる 
  • 動名詞と書き換えられる

 

2.ask 人 to不定詞

 

不定詞を使った下の文を見てください。

 

 I want to see the new movie. 

私は新しい映画を見たい

 

「want to ~」で、~したいという意味になるので、「私は新しい映画を見たい」という意味になります。

では「私はあなたに新しい映画をみてほしい」という意味にするにはどうすればよいでしょうか。

  

 I want you to see the new movie. 

私はあなたに新しい映画を見てほしい

 

答えはtoの前にyouを入れればよいのです。

これと同じようにask 人 to不定詞という構文です。

askには①たずねる②たのむという意味があります。

 

My mother asked me to go shopping

母は私に買い物に行くよう頼みました。

 

 

 

 

My mother told me to come home early

父は私に早く家に帰ってくるようにと伝えました。

 

tellをつかっても同じ構文を作れます。

tellは不規則変化をするため、過去形はtoldです。

 

このように、「人に何かしてほしい」という気持ちを伝えたいときに、

不定詞の形容詞的用法で、「何か~するもの」という表現をすることができます。

 

 

【まとめ】不定詞の形容詞的用法

  • 意味:~するための、~すべき
  • 【 [名詞] +  to 動詞の原形】という形
  • 後ろから名詞を修飾する
  • something, anythingと一緒に使用されることも多い

  

3.疑問詞 + to不定詞

 

本題に入る前に、みなさんは疑問詞を覚えていますか。

疑問詞とは、What,Why,When,Where,Who,Howなど何かを尋ねるときに使う表現です。

 

 I don't know how to start this game.

私はこのゲームの始め方が分かりません。 

 

不定詞の前に疑問詞が来ると、

すこし分かりづらいので区切ったり、かっこをつけたりして、整理してみます。

 

 I don't know what to do. 

私は何をするべきか分かりません。

 

「what」は何という意味ですから、waこのように文章の大まかな構成は、【 動詞 +  to 動詞の原形】という不定詞の形をとっており、【~するために~する 】と訳します。

 

 

 

 Did you decide where to go on school trip.

修学旅行でどこに行くか決めた? 

 不定詞の部分が分かりづらいですが、余計な情報を削ると、「買うために行く」というシンプルな表現になります。

 

【まとめ】不定詞の形容詞的用法

  • 意味:~するために(目的)
  • 【 動詞 +  to 動詞の原形】という形
  • 動詞の目的となり、動詞を副詞的に修飾する  

4.不定詞の名詞的用法

 では早速、名詞的用法について学んでいきましょう。

意味は、「~すること」です。

 の不定詞について解説していきます。

  

 I like to watch baseball.

私は野球を見ること が好きです。

 

watching 

このように、不定詞は「to  + 動詞の原形」の形でしたよね!

名詞的用法のときは、動名詞に書き換えることができます。

 

もちろん、wantやhopeなどの一部の動詞は除きます。

こちらの話題は、この記事で詳しく説明していますので、ご覧ください!

  

【まとめ】不定詞の名詞的用法

  • 意味:~すること
  • 「to  + 動詞の原形」という形
  • 名詞単数扱いとなる 
  • 動名詞と書き換えられる

 

5.不定詞の名詞的用法

 では早速、名詞的用法について学んでいきましょう。

意味は、「~すること」です。

 の不定詞について解説していきます。

  

 I like to watch baseball.

私は野球を見ること が好きです。

 

watching 

このように、不定詞は「to  + 動詞の原形」の形でしたよね!

名詞的用法のときは、動名詞に書き換えることができます。

 

もちろん、wantやhopeなどの一部の動詞は除きます。

こちらの話題は、この記事で詳しく説明していますので、ご覧ください!

  

【まとめ】不定詞の名詞的用法

  • 意味:~すること
  • 「to  + 動詞の原形」という形
  • 名詞単数扱いとなる 
  • 動名詞と書き換えられる

 

6.不定詞の名詞的用法

 では早速、名詞的用法について学んでいきましょう。

意味は、「~すること」です。

 の不定詞について解説していきます。

  

 I like to watch baseball.

私は野球を見ること が好きです。

 

watching 

このように、不定詞は「to  + 動詞の原形」の形でしたよね!

名詞的用法のときは、動名詞に書き換えることができます。

 

もちろん、wantやhopeなどの一部の動詞は除きます。

こちらの話題は、この記事で詳しく説明していますので、ご覧ください!

  

【まとめ】不定詞の名詞的用法

  • 意味:~すること
  • 「to  + 動詞の原形」という形
  • 名詞単数扱いとなる 
  • 動名詞と書き換えられる

 

副詞的用法の別パターン:感情の原因を表す不定詞

最後に、不定詞の副詞的用法の別パターンを見ていきます。

それは、感情の原因を表すパターンです。

例文を見ていきます。

 

I'm glad to meet you.

私はあなたに会えて嬉しいです。 

  

I'm surprised to hear the news.

私はその知らせを聞いて驚いています。 

 

先ほどとは異なり、感情の原因を表しています。

このような使い方があることも知っておきましょう!

 

 

まとめ

最後に3つの用法を表でまとめます。

  名詞的用法 形容詞的用法 副詞的用法
意味 ~すること ~するための、~すべき ~するために
to 動詞の原形 名詞 + to 動詞の原形

動詞 + to 動詞の原形

感情を示す動詞・形容詞 + to 動詞の原形

特徴 動名詞と書き換え可能 名詞を修飾する 名詞以外の動作や状況を修飾する

不定詞の3つの用法は整理して覚えることが出来ましたか?

最初のうちは、どの用法か判別するのが難しいかと思いますが、慣れてくると直感で分かるようになりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

他にも様々なお役立ち情報をご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください!

  無料の体験授業のお申込み・お問合せはこちらから

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

【PREV】「~すること」動名詞と不定詞の違いって?

【定期テストについてのお役立ち情報】

こちらのページでは、「~すること」の表現を2つ紹介しています。

【動名詞:動詞+ing】【不定詞:to 動詞の原形】の用法と違いについて解説しています。

特に、動名詞しか続かない動詞である「finish, enjoy」と、不定詞しか続かない動詞である「want, hope」の4つの動詞について丁寧に説明します!

テストに頻出な範囲なので、復習にご活用ください!

≫続きを読む

【NEXT】入試によく出る!比較級の攻略法

【定期テストについてのお役立ち情報】

日本語で何かを比較したい時、「~は~よりも~」という言い方をします。

例えば、AビルとBビルがあり、Aビルの方が大きい時、「AビルはBビルよりも高い」

というように表しますね。

 

このような言い方は英語にもあり、同じことを表すことが出来ます。

今回は、この比較について英語での表し方を勉強していきましょう。

≫続きを読む


よく読まれている記事