高校受験のお子さんへの指導

やる気アシスト式勉強法で学力アップ!”徹底した基礎固め”で志望校合格・成績アップまで導きます

高校受験コースの指導内容について

指導対象

公立中学校・私立中学校・国立中学校に通う中学1年生から中学3年生のお子さん・不登校・発達障害(グレーゾーン)のお子さんもご安心ください!
お子さん一人ひとりに合った指導法で成績アップ・志望校合格まで導きます。
詳しくは、それぞれのコースをご確認ください。

公立中学校・私立中学校・国立中学校に通う中学1年生から中学3年生のお子さん・不登校・発達障害(グレーゾーン)のお子さんもご安心ください!
お子さん一人ひとりに合った指導法で成績アップ・志望校合格まで導きます。
詳しくは、それぞれのコースをご確認ください。

高校生の指導方法についてはこちら

指導可能科目

国語、数学、理科、社会(歴史・公民・地理)、英語(英検対策)

中学生の指導料金

アシストでは、指導にかかる費用はすべて明瞭な料金設定でお伝えしています。
中学生は、月14,200円~29,400円の指導プランにて勉強されているお子さんが多いです。受験生でも金額がアップすることはありませんのでご安心ください。

中学生の指導料金/1コマ(30分)/875円(税込)

アシストで勉強する高校受験生の指導プランをご紹介

やる気アシストで勉強をするお子さんの指導プランの一例をご紹介します。

お子さんの目指す進路や現在の学力、他の習い事などお子さんによってスケジュールは大きく異なります。アシストでは、お子さんに必要な学習内容を検討した上で、お子さんに最適な指導プランをご提案させて頂きます。

やる気アシストで勉強をするお子さんの指導プランの一例をご紹介します。

お子さんの目指す進路や現在の学力、他の習い事などお子さんによってスケジュールは大きく異なります。アシストでは、お子さんに必要な学習内容を検討した上で、お子さんに最適な指導プランをご提案させて頂きます。

中学3年生Nちゃん 週1/90分、数学は教材を使用し、受験対策として5教科フォロー!学習内容も高度になってきて、数学は解説を読んでも解けない問題が出てきたため、家庭教師を始めたNちゃん。指導は数学をメインに行い、その他の教科も自分で勉強をして分からなかった所の指導や勉強方法の相談などを指導の時に行っています。
中学2年生Nくん 週2/60分、英数は教材を使用し、テスト前は5教科フォローで内申対策も!高校は推薦入学も考えているということで、内申点を上げていきたいということで、家庭教師の指導を開始。英数は教材でしっかりと学力をつけ、テスト前は5教科のフォローも行い、内申点が取れるように指導を行っています。

指導料金について詳しくはこちら

高校受験で合格する要点を抑えよう

多くのお子さんにとって、初めての受験となるのがこの高校受験ではないでしょうか?
保護者さまにとっては、幼いころから勉強に関する心配事がこの「高校受験」だった方も多いのではと思います。

アシストでも、小学生のお子さんから勉強の指導をさせていただいていますが、小学生のお子さんであっても、目下の課題である成績アップや苦手克服の先に、ゴールとして見据えている所は、「高校受験」「第一志望校合格」です。お子さんが希望する進路へ進めるようにサポートすることを私たちの使命としています。

そんな私たちやる気アシストは、高校受験で合格するためのポイントは大きく3つあると考えています。
それぞれのポイントと、やる気アシストだからこそフォローできる点を紹介したいと思います。

私立・公立それぞれの志望校を決めよう!

私立・公立それぞれの志望校を決めよう!

受験勉強をする際、志望校を決めていくことはとても大切になります。
志望校が決まれば勉強するモチベーションにつながることはもちろんですが、それ以外にも志望校の受験日や試験内容によって、学習スケジュールを立てていくことが必要になってくるからです。

例えば、私立高校を第一希望としするならば、専願や推薦を検討することになりますし、公立高校を第一希望にする場合は、私立高校を併願で受験することになるかと思いますので、公立高校の受験対策をしながら、私立高校受験の勉強も行うことになります。
このように、志望校によって勉強すべき内容が異なってきますので、志望校は早めに決めることが大事です。
その際は、夏以降に学力によっては志望校を変更することも良くあることなので、志望校は1校に絞り込まず、1~2校ほど選んでおくと良いと思います。

高校受験で大切なのは「基礎・基本」です

高校の入試では、中学3年間の学習範囲から出題され、公立も私立も基本的には変わりません。
私立高校の入試では学年や分野にとらわれない融合問題が出題されますが、基本は同じで中学3年間の学習内容です。

そのため、私たち家庭教師のやる気アシストは、学校で学習する内容をメインに基礎・基本の定着を目指し、お子さんの志望校に合わせた指導を行っています。

公立高校が第一志望のお子さんは、学校の学校の授業の基礎・基本を押さえ入試に備える指導をしていきます。
私立高校が第一志望のお子さんは、志望校の出題傾向に沿った指導で指導を行います。

大切なのは学校の授業・教科書をベースとした予習・復習です!

過去問を活用して受験対策を

受験生からよくいただく質問の1つに「過去問って解いた方がいいですか?」という質問があります。
答えは「絶対に過去問は解いておくべき」です。
過去問を解かず試験に挑んだとしましょう。どんな問題が出でるのか、難易度はどれくらいなのか、など全く情報がない中での試験になります。一方、事前に出題傾向や難易度を把握し過去問も何年分か解いて対策していけば、出題される問題の傾向もわかっているので、時間配分もスムーズに行え、心の余裕をもって試験に臨めます。

私立高校が第一志望のお子さんは、特にこの過去問対策が重要になってきます。
その理由として挙げられるのが、もちろん傾向を対策するということもありますが、問題の作成者がその学校の先生だからです。
その入試を解くことができれば、合格ができた後の定期テストも同じ傾向であったりとか、その先生が重要視しているポイントを問題を通して知ることができるので、先を見据えたとしても過去問対策の有用性が分かります。

公立高校が第一志望のお子さんももちろん過去問対策は大切です。県ごとの試験問題となりますが、やはりその県ごとに出題傾向はありますので、過去問題でしっかりと対策をしていくことも大切です。

過去問はいつ取り掛かるのが正解?

公立高校が第一志望のお子さんももちろん過去問対策は大切です。県ごとの試験問題となりますが、やはりその県ごとに出題傾向はありますので、過去問題でしっかりと対策をしていくことも大切です。

過去問はいつ解くと良いかご存じですか?
夏休みや入試直前と言われることも多いですが、実は受験の1年前に解くのがベストです。1年前なので、中学2年生の3月頃ですね!

なぜ、この時期が良いのかというと、中2の学習内容の勉強がすべて終わったお子さんは、高校入試の問題の8割はすでに学習済みということになります。今の実力でどこまで解けるかを確認1年前に確認する意味でも、この時期に過去問を解くことをお勧めします。

家庭教師のやる気アシストでは、各都道府県ごと公立高校の出題傾向や過去問解説の最新5年分を公開しておりますので、ぜひそちらをチェックしてみて下し。丁寧に解説しています。

アシストオリジナル高校受験情報が豊富!

最新の受験日程や府県別の入試傾向や対策情報について詳しくはこちらから
最新5年分の公立高校過去問題を徹底解説!詳しくはこちらから
内申点や面接・小論文など高校受験に関する耳寄り情報公開中!詳しくはこちらから

多くのお子さんにとって、初めての受験となるのがこの高校受験ではないでしょうか?
保護者さまにとっては、幼いころから勉強に関する心配事がこの「高校受験」だった方も多いのではと思います。
アシストでも、小学生のお子さんから勉強の指導をさせていただいていますが、小学生のお子さんであっても、目下の課題である成績アップや苦手克服の先に、ゴールとして見据えている所は、「高校受験」「第一志望校合格」です。お子さんが希望する進路へ進めるようにサポートすることを私たちの使命としています。

そんな私たちやる気アシストは、高校受験で合格するためのポイントは大きく3つあると考えています。
それぞれのポイントと、やる気アシストだからこそフォローできる点を紹介したいと思います。


私立・公立それぞれの志望校を決めよう!

私立・公立それぞれの志望校を決めよう!

受験勉強をする際、志望校を決めていくことはとても大切になります。
志望校が決まれば勉強するモチベーションにつながることはもちろんですが、それ以外にも志望校の受験日や試験内容によって、学習スケジュールを立てていくことが必要になってくるからです。

例えば、私立高校を第一希望としするならば、専願や推薦を検討することになりますし、公立高校を第一希望にする場合は、私立高校を併願で受験することになるかと思いますので、公立高校の受験対策をしながら、私立高校受験の勉強も行うことになります。
このように、志望校によって勉強すべき内容が異なってきますので、志望校は早めに決めることが大事です。
その際は、夏以降に学力によっては志望校を変更することも良くあることなので、志望校は1校に絞り込まず、1~2校ほど選んでおくと良いと思います。

高校受験で大切なのは「基礎・基本」です

高校の入試では、中学3年間の学習範囲から出題され、公立も私立も基本的には変わりません。
私立高校の入試では学年や分野にとらわれない融合問題が出題されますが、基本は同じで中学3年間の学習内容です。

そのため、私たち家庭教師のやる気アシストは、学校で学習する内容をメインに基礎・基本の定着を目指し、お子さんの志望校に合わせた指導を行っています。

公立高校が第一志望のお子さんは、学校の学校の授業の基礎・基本を押さえ入試に備える指導をしていきます。
私立高校が第一志望のお子さんは、志望校の出題傾向に沿った指導で指導を行います。

大切なのは学校の授業・教科書をベースとした予習・復習です!

過去問を活用して受験対策を

受験生からよくいただく質問の1つに「過去問って解いた方がいいですか?」という質問があります。
答えは「絶対に過去問は解いておくべき」です。
過去問を解かず試験に挑んだとしましょう。どんな問題が出でるのか、難易度はどれくらいなのか、など全く情報がない中での試験になります。一方、事前に出題傾向や難易度を把握し過去問も何年分か解いて対策していけば、出題される問題の傾向もわかっているので、時間配分もスムーズに行え、心の余裕をもって試験に臨めます。

私立高校が第一志望のお子さんは、特にこの過去問対策が重要になってきます。
その理由として挙げられるのが、もちろん傾向を対策するということもありますが、問題の作成者がその学校の先生だからです。
その入試を解くことができれば、合格ができた後の定期テストも同じ傾向であったりとか、その先生が重要視しているポイントを問題を通して知ることができるので、先を見据えたとしても過去問対策の有用性が分かります。

公立高校が第一志望のお子さんももちろん過去問対策は大切です。県ごとの試験問題となりますが、やはりその県ごとに出題傾向はありますので、過去問題でしっかりと対策をしていくことも大切です。

過去問はいつ取り掛かるのが正解?

過去問はいつ解くと良いかご存じですか?
夏休みや入試直前と言われることも多いですが、実は受験の1年前に解くのがベストです。1年前なので、中学2年生の3月頃ですね!

なぜ、この時期が良いのかというと、中2の学習内容の勉強がすべて終わったお子さんは、高校入試の問題の8割はすでに学習済みということになります。今の実力でどこまで解けるかを確認1年前に確認する意味でも、この時期に過去問を解くことをお勧めします。

家庭教師のやる気アシストでは、各都道府県ごと公立高校の出題傾向や過去問解説の最新5年分を公開しておりますので、ぜひそちらをチェックしてみて下し。丁寧に解説しています。

アシストオリジナル
高校受験情報が豊富!

最新の受験日程や府県別の入試傾向や対策情報について詳しくはこちらから
最新5年分の公立高校過去問題を徹底解説!詳しくはこちらから
内申点や面接・小論文など高校受験に関する耳寄り情報公開中!詳しくはこちらから

発達障害・不登校も安心!

アシストは、お子さんの特性に合わせた指導方法で、希望の目標や進路に合わせて指導が可能です!カリキュラムはお子さん1人ひとりに合わせて作成し、とことんお子んに寄り添った指導ができるのがアシストの強みです。そのため、毎年不登校や発達障害(グレーゾーン)のお子さんを多くお任せいただいています。
さらに、アシストには、専門資格を持ったスタッフが中心となり、正しい知識をもって指導に当たれるよう家庭教師への研修も行っております。研修を受け専門知識を身に着けた先生がお子さんの指導に当たりますので安心してお任せください!

不登校のお子さんへの指導について詳しくはこちら
発達障害の特性をお持ちのお子さんの指導について詳しくはこちら
受験勉強は早く始めることが一番の合格への近道です!まだ検討中というお子さんはご相談だけでもOK!受験する・しないに限らずお子さんを成績アップ・志望校合格まで導きます!まずはお気軽にお問合せください。
受験勉強は早く始めることが一番の合格への近道です!まだ検討中というお子さんはご相談だけでもOK!受験する・しないに限らずお子さんを成績アップ・志望校合格まで導きます!まずはお気軽にお問合せください。
勉強が苦手なお子さん必見! 120分の無料の体験授業やってます。 今ならお得なキャンペーン実施中

どんな先生が教えてくれるの?実際の先生をご紹介!

家庭教師のやる気アシストは、お子さんと相性の合う先生をご紹介しています。

特に、中学生のお子さんは先生との相性に成績が左右されがちです。お子さんの性格や希望などに合わせて、お子さんと相性の合う先生をご紹介させていただいています。

同志社大学 みーちゃん先生

性格社交性がある

将来の夢公認会計士

趣味映画鑑賞

中学進学後、数学が難しく感じるようになり理解に困ったことが何度もありました。自分に合う勉強法が長らく分からず成績も伸び悩んでいましたが、最終は志望校に合格できるまで成績を伸ばせました。生徒さんが楽しんで勉強できるような環境づくりのお手伝いをできればいいなと思っています。誠心誠意頑張ります!

大阪大学 げんた先生

性格感情豊か

将来の夢いつまでも友達を大切に

趣味テニス、野球、ギター

中学のとき英語が苦手でしたが、通っていた塾で通っていた先生と相性が良かったので、英語はかなり得意になりました。高校では、学校で課される大量の課題をコツコツと取り組むことで、苦手な数学が得意になりました。勉強は継続することが大切! それから、僕のように相性の良い先生に出会うことが大切だと思います。

神戸大学 あお先生

性格人見知りしない

将来の夢NPOで働く医師

趣味読書

私は数学が苦手でしたが、指導をしてくれた先生が、ほめる指導をしてくださったことでだんだんと数学の問題を解くのが楽しくなり、数学の苦手意識も無くった経験があります。普段から弟や妹に勉強を教えていますが、ほめる指導を心掛け楽しく勉強をしています。受験は大変なものですが、ほめる指導で少しでも気持ちが軽くなったりやる気が出る指導を心掛けたいと思っています。

近畿大学 まきし先生

性格農家

将来の夢世界旅行

趣味植物を育てる

中学1年のはじめに英語と数学の授業についていけず苦労しましたが、その時に出会った先生の熱心な指導のおかげで授業についていけるようになり定期テストでは平均点を上回る点数がとれるようになりました。勉強にやる気がある生徒も、苦手でやる気のない生徒もひとりひとりに合った最善サポートをしたいです。

やる気アシストで相性ぴったりな家庭教師を探そう!
「教えることが大好き」「先生自信も中学受験を経験済み」「教員を目指している」そんな先生がたくさんいます!お子さんと相性ピッタリな先生と一緒に志望校合格を目指しませんか?
「教えることが大好き」「先生自信も中学受験を経験済み」「教員を目指している」そんな先生がたくさんいます!お子さんと相性ピッタリな先生と一緒に志望校合格を目指しませんか?

第一志望校合格の喜びの声が届ています!

たくさんの合格者の声が届いています!

やる気アシストでは、毎年たくさんの受験生を指導し「合格」のサポートをさせていただき、多くのお子さんが第一志望校合格の夢をかなえています。

志望校合格までの道のりを家庭教師と一緒に二人三脚で努力し、合格をつかみ取ったお子さんの合格までの道のりや勉強の秘訣などをご紹介します。

個別指導で分からない所が解けるように!受験の塾は集団授業で質問ができなかったけど、アシストは個別指導だったので、質問しなくても分からないと先生が分かるまで教えてくれました。(大阪市 小学6年生) / 先生にとても感謝しています!先生がいてくれたから合格できました。いつも真剣に指導をしてくれて、苦手なところを何度も指導してくれたおかげです。先生ありがとう!(神戸市 中学3年生)
受験に関するご相談・お問合せはこちら!「子どもに合うプランを教えて欲しい!」「先生はどんな人?」「受験勉強ってどうやって進めるの?」などお気軽にご相談ください。
受験に関するご相談・お問合せはこちら!「子どもに合うプランを教えて欲しい!」「先生はどんな人?」「受験勉強ってどうやって進めるの?」などお気軽にご相談ください。

 0120-740-100

受付:10時~22時/土日祝OK

ご質問などお気軽にお問い合わせください。

全国から相性の良い先生が探せる「オンライン個別指導」は受験生にも人気!

やる気アシストのオンライン家庭教師は対話型でいつもと同じ指導がオンラインで受講できます

オンライン家庭教師とは、ネットが繋がっていれば、いつでも全国どこにいても、家庭教師の指導を受けることができるサービスです。
希望にあった家庭教師を全国から探せることが最大のメリットです。

やる気アシストのオンライン指導は、オンライン家庭教師の特徴を最大限に引き出し、やる気アシスト独自のやり方とオンライン授業を組み合わせることによって、短期間で驚きの結果を出すことが出来ています。

特に勉強が苦手なお子さん、不登校のお子さん、発達障害をお持ちのお子さんから「オンラインなのに隣に先生がいるみたい!」と好評です。

オンライン家庭教師について詳しくはこちら

やる気アシストなら!選べる2つの指導法
対面指導では先生がご自宅にお伺いして指導します!
オンライン指導ではスマホやタブレットなどオンラインで指導します!

家庭教師のやる気アシストでは、1対1の①対面指導・②オンライン指導からご希望の指導法をお選びいただけます。

お子さんの状況に合わせて無料で自由に切り替えが可能です!
指導方法を変更したい場合は、お電話一本でお気軽に変更していただけます。

家庭教師のやる気アシストでは、1対1の①対面指導・②オンライン指導からご希望の指導法をお選びいただけます。

お子さんの状況に合わせて無料で自由に切り替えが可能です!
指導方法を変更したい場合は、お電話一本でお気軽に変更していただけます。

アシストの先生についてはこちら

選べる2つの指導法についてはこちら

勉強のお悩み解決!無料の体験授業実施中!

家庭教師のやる気アシストの体験授業では、勉強でお悩みのお子さんに対し勉強を通して「わかる!」「できる!」「楽しい!」を実感することで自信を持ってもらえるように指導していきます。

受験勉強をしないといけないけど、塾についていけるか不安、こどもがやる気になってくれない、などどんなお悩みでもOK!アシストなら、学校や塾、個別指導ではフォローしきれない部分も、お子さんに合わせた指導で、志望校合格まで導きます。

「やる気アシストの体験授業を受けてよかった!」

と言っていただけるように、無料体験ではお子さんの自信ややる気を引き出します。
少しでも気になることがありましたら、お気軽に無料の体験授業にお申込みください!

今がチャンス!やる気と自身の第一歩!アシストは体験授業スペシャルを実施中!

目的別にみる家庭教師・勉強方法

アシストへお問合せいただくお子さんの中には、明確な目的をもってアシストで勉強を始めるお子さんも多くいらっしゃいます。
そんなお子さんのためにアシストでは目的に合わせた指導プランを考え、指導を行っています。目的別の指導方針・効果的な勉強方法について詳しくは、こちらよりご覧ください。

目的別の家庭教師選び

目的別にみる勉強方法

よくあるご質問

1教科から指導してもらえますか?

はい、できます。特に長期休みなどでは、学校の授業がないので、苦手教科に絞って集中的に教えているお子さんもいます。
ただ、苦手教科の勉強ばかりだとお子さんが勉強に対して自信を無くしてしまったり、さらに勉強嫌いになってしまったり、というケースもあります。
そうならないためにも、アシストではお子さんの様子を見ながら、苦手教科を中心にバランスよく教えることで、勉強が楽しいと思えるような指導を心がけています。

月にいくらぐらいかかるの?

アシストでは、お子さんの学習状況やご家庭のご予算に合わせて、各ご家庭に合わせた指導プランを提案しています。
指導プランは大きく分けて2種類ご用意していますが、どちらの指導方法でも目安としては月14,000円から25,000円のあいだで始められるご家庭が多いです。
お申し込みの前には必ず料金について明瞭かつ正確にご説明させていただき、ご納得の上始めることができるように努めておりますのでご安心ください。

病気や急用で突然指導が休みになった場合、指導料は払わないといけないの?

指導料は後払いになるので、指導があった分のみで大丈夫です。
ただ指導開始寸前のキャンセルで、先生がご家庭まで向かってしまっていた場合は交通費をお願いすることがあるのでご了承ください。

学年によって、途中で指導料が上がったりすることはあるの?

いいえ、ありません。
小・中学生は1コマ(30分)875円、高校生は1コマ(30分)1,125円です。
ただし中学受験をする小学生のお子さんの指導、私立中学などで指導内容が高校の範囲に入った場合は1コマ(30分)1,125円になります。

その他、よくあるご質問はこちら

最短0で家庭教師を体験!

 0120-740-100

受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK

LINE問合せ窓口

LINEからもお問合せいただけます!
 

公式Instagram

勉強のお役立ち情報を配信中!
お問い合わせ、ご質問も受付中です!

最短0で家庭教師を体験!

 0120-740-100

受付:10時~22時/土日祝OK

ご質問などお気軽にお問い合わせください。