塾と家庭教師の違いとは?

塾、家庭教師の比較!塾はどんな子が向いているの?家庭教師の良さって?いろいろな疑問にお答えします!

勉強面で何かサポートしてくれる習い事を考えたときに、まず初めに思い浮かぶのが学習塾だと思います。皆さんが住んでいる地域にも一つは塾があるのではないでしょうか。

一口に「塾」と言っても、それぞれに形式や特徴があります。

どれだけ近所で評判の塾だったとしても、実際に通うお子さん自身に合っていないと意味がないですよね。

どのような種類の塾があるのか、それぞれの特徴と家庭教師の特徴を比較していきます。

塾の特徴・教え方

塾には「集団塾」と「個別指導塾」の大きく分けて2タイプあります。

集団塾にはそこからさらに進学塾と補習塾に分けられます。

進学塾

名前の通り、学校合格を目指すお子さんが多く通う塾す。先生一人に対して、生徒さん20名前後の集団形式で、学校の授業の1か月分ほど先の内容を進めていきます。

学校の授業と同じ、講義形式で授業が進んでいくので、分からないところがある場合は授業の前後に先生に質問しにいきます。

取り扱う内容も、教科書レベルの問題よりもさらに発展的な内容を解いていき、周囲のお子さんと差をつけていくような内容です。

勉強に対して意欲的なお子さんが多い傾向にあるので、同じく競争心があったり、勉強に対して向上心が強いお子さん向けの塾です。

補習塾

一般的なタイプの塾です。ひとつの教室に学年や学習状況も様々なお子さんが集まり、自習形式で各自が与えられた問題を解いていきます。分からないところがあれば、先生が巡回しているので質問していく形式です。

地域密着型のところが多く、地元の先生が長くやっている場合が多いです。内容は学校の復習がメインで、なかにはテスト対策をやってくれるところもあります。

同じ空間に様々なお子さんがいるので、周りを気にせず自分のペースで勉強できるお子さん向けの塾です。

個別指導塾

「個別」という名前ではありますが、多くは1対2~3人の形式で授業することが多いです。決められたカリキュラムを自習形式で進めていき、分からないところがあれば先生に質問します。

自分から積極的に質問できるお子さんであれば、先生に教えてもらう時間をたくさんとることができるので、個別指導塾の良さを最大限に活かすことかできます。

反対に、自分から積極的に質問できなかったり、どこを聞いたらいいか分からないような状況のお子さんだと、先生も他の生徒さんに時間をとられてしまい、せっかくの質問できる時間を無駄にしてしまう可能性があるとも言えます。

塾・家庭教師の料金比較!月々の料金の差はあるの?どちらが安いの?テキスト代や春・夏期講習代はかかるの?詳しくみる

家庭教師のやる気アシスト

家庭教師のやる気アシストはもちろん1対1のマンツーマン指導。指導時間のすべてをお子さんのためだけに使うことができます。

取り扱う内容に関しても、カリキュラムが決まっているわけではないので、その時々の状況に合わせて変更することができます。例えばテスト前はテスト対策をおこなうということはもちろん、得意科目は発展的な問題をやりながら、苦手科目に関しては基本的な問題から丁寧に教えていくことが可能です。

また、周りを気にする必要がないので、同じところを分かるまで質問することもできます。

塾と家庭教師にはそれぞれ特徴があり、違いも様々です。しかし共通して言えることは、どういう勉強をするにしても、習い事をする以上ある程度お金がかかってくるということです。

せっかく始めても、それがお子さんに合っていないと成果が出ないだけでなく、お子さんの自信ややる気を損なってしまったりお金も時間も無駄になってしまいます。

それぞれの特徴をよく理解したうえでお子さんに合ったものを選んであげたいですね。

家庭教師のやる気アシストの無料の体験授業では、普段の様子を聞いたり、実際に勉強を教えていきながら、お子さんにはどのようなタイプの勉強があっているのかアドバイスをさせていただいています。

「塾に行っているけど成績が上がらない・・・」「塾か家庭教師か迷っている」という方はまずはお気軽にご相談ください!

家庭教師は初めてという保護者様へもしも色々な勉強法をご検討中であれば、一番にお電話ください。やる気アシストでは、家庭教師を受けたことが無い方にも安心して始めて頂けるように、細やかな疑問、質問にも分かりやすくお答えしています。どうぞお気軽にお電話ください。

『家庭教師ってどんな感じ?』『体験だけでもいいの?』『今の勉強方法と比べてみたい』そんな気持ちを持っている保護者さまほど、お役に立てる自信がありますのでお気軽にご相談ください。
私たちやる気アシストは、勉強で悩んでいるお子さんや保護者さまにとって、『無料の体験授業』がこれから大切な一歩を踏み出すキッカケ になれば嬉しいです。