【英語】三人称の表現をしよう!This is~.He is~.

前回に引き続きbe動詞について学んでいきましょう。前回はamとareが出てきました。

今回はisについて見ていきたいと思います。今回でbe動詞は終了しますが、これから学んでいくすべての基礎文法になるので適宜復習していきましょう。

目次

1.「これ/あれは~です。」の文

この章では「これ/あれは~です。」という物の説明をするときに使う文法表現を学んでいきたいと思います。


まず、「これは~です。」となる場合を見てみましょう。その時は「This is~.」となるように作っていきます。

これは私の部屋です。という文を作るときは
This is my room.
となります。

同じ様に幾つか文を作っていきましょう。
This is my desk.(これは私の机です。)
This is my bed.(これは私のベッドです。)
This is my chair.(これは私の椅子です。)
といった具合です。

次に、「あれは~です。」となる場合を見てみましょう。その時は「That is~.」となるように作っていきます。
あれは駅です。という文を作るときは
That is a station.
となります。

同じ様に幾つか文を作っていきましょう。
That is a car.(あれは車です。)
That is a tree.(あれは木です。)
That is a bus.(あれはバスです。)
といった具合です。

\小・中・高校生の勉強にお悩みのあるお子さん・保護者様へ/

家庭教師のやる気アシストなら最短0日で家庭教師を体験!無料の体験授業を実施中です!

\小・中・高校生の勉強にお悩みのある方へ/

家庭教師のやる気アシストなら最短0日で家庭教師を体験!無料の体験授業を実施中です!

2.疑問文と否定文

「疑問文」と「否定文」。実は前回もやりましたが初登場の言葉です。早速見てみましょう。

まず、これはあなたのノートですか?という文を作るときは
Is this your notebook?
となります。
このように何かを尋ねるときの文法表現を「疑問文」と言います。

この文に答えるときは
Yes, it is.
No, it is not.
といった具合に答えます。

また、これはあなたのノートではありませんという文を作るときは
This is not your notebook.
となります。
このように違いますよというときの文法表現を「否定文」と言います。

3.「彼/彼女は~です。」の文

この章では「彼/彼女は~です。」という人の説明をするときに使う文法表現を学んでいきたいと思います。

He is Tom.(彼はトムです。)
She is Mary.(彼女はメアリーです。)
ほとんど1章で行ったものと変わらないことが分かりますね。

さて疑問文・否定文を見てみましょう。
【疑問文】
Is he Tom?
Is she Mary?
【否定文】
He is not Tom.
She is not Mary.
といった具合です。これも2章と変わらないことが分かりますね。

\小・中・高校生の勉強にお悩みのあるお子さん・保護者様へ/

家庭教師のやる気アシストでは無料のパンフレットをご用意しています!資料請求はこちらから

\小・中・高校生の勉強にお悩みのある方へ/

家庭教師のやる気アシストでは無料のパンフレットをご用意しています!資料請求はこちらから

4.be動詞まとめ

最後にbe動詞をまとめてみましょう。
今まで習った三種類はam/are/isがありました。
それぞれの使い分けを見ていきましょう。

①I am Jack.
amはIの時だけに使います。

②You are from China.
areはyouと複数形の時だけに使います。

③This is my room.
isは①と②以外の時に使います。

趣味:カメラ

学習アドバイザー 早川

これまで学習アドバイザーとして沢山のお子さんのお悩みを解決してきました。そのノウハウや勉強のコツなどをこの記事を通して発信していきます。
Instagram・ⅹなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!

関連記事

勉強に関するお悩みを持つお子さんへ 「頑張っているのに成績が上がらない」「苦手科目の勉強に苦戦している」「独学での勉強に限界を感じてる」 そんなお子さんほど、お役に立てる自信があります。まずはお気軽に体験授業をお試しください。
勉強に関するお悩みを持つお子さんへ 「頑張っているのに成績が上がらない」「苦手科目の勉強に苦戦している」「独学での勉強に限界を感じてる」 そんなお子さんほど、お役に立てる自信があります。まずはお気軽に体験授業をお試しください。
目次