【国語】漢字と熟語

今回は、漢字と熟語について学んでいきたいと思います。
漢字の成り立ちや熟語の読み方はテストの小問でよく出てくるだけでなく、これから色々な漢字を習っていくときに暗記を助けたり、日常で見たことがない漢字が出たときに意味を推測するのに役に立ちます。

目次

1.漢字の成り立ち

漢字は中国黄河文明の甲骨文字が起源だと言われています。
現代に伝わる形で大きく4つの成り立ちと、2つの使い方(転注・仮借)をあわせた六書(りくしょ)と呼ばれるものを許慎という人がまとめています。

ここでは4つの成り立ちを紹介していきます。

  1. 象形文字:物の形から作られた文字。代表的なものとして「山」や「川」があります。
  2. 指事文字:記号などから作られた文字。代表的なものとして「上」や「下」があります。
  3. 会意文字:漢字を組み合わせて作られた文字。代表的なものとして「森(木+木+木)」や「男(田+力)」があります。
  4. 形声文字:漢字を組み合わせて作られた文字。意味を表す部分を意符、音を表す部分を音符と呼びます。
         例えば「板」や「清」という字は左側が意符、右側が音符になっています。
        「板」は木に関係する「バン」と読む漢字だなと、「清」は水に関係する「セイ」読む漢字だなと分かります。

【コラム】転注文字と仮借文字

  • 転注文字とはある漢字の元の意味が広がって、他の意味に使われているもの。
    例えば「楽」という漢字は元々、「音楽」の意味を持つ象形文字でしたが、音楽を聴くことは「たのしい」ので「ラク」という音と「楽しい」という意味に転用されました。
  • 仮借文字とは元の意味とは関係は無いが、音を借りた別の意味でつかわれるものです。
    例えば「珈琲」という漢字は音だけを仮に借りて「コーヒー」と読みます。

\小・中・高校生の勉強にお悩みのあるお子さん・保護者様へ/

家庭教師のやる気アシストなら最短0日で家庭教師を体験!無料の体験授業を実施中です!

\小・中・高校生の勉強にお悩みのある方へ/

家庭教師のやる気アシストなら最短0日で家庭教師を体験!無料の体験授業を実施中です!

2.漢字の部首

ここでは代表的な漢字の部首について学んでいきます。
部首の分野はテストや検定試験に必ず出てきますので、しっかり覚えておきましょう!

2-1.へん

漢字を左右に分けたときに「左側」に来る部首のことをへんと呼びます。

部首読み方意味
ごんべん言葉話・語・説
さんずい水・川海・津・流

2-2.つくり

漢字を左右に分けたときに「右側」に来る部首のことをつくりと呼びます。※一部例外もあります。

部首読み方意味
りっとう刀・切る刈・列・剣
ふるとり雄・雅・離

2-3.かんむり

漢字を上下に分けたときに「上側」に来る部首のことをかんむりと呼びます。

部首読み方意味
くさかんむり植物花・芋・芽
うかんむり家屋家・安・宝

2-4.あし

漢字を上下に分けたときに「下側」に来る部首のことをあしと呼びます。

部首読み方意味
れっか(れんが)火・熱熱・点・焦
したごころ志・忘・念

2-5.たれ

漢字の左上に来る部首のことをたれと呼びます。

部首読み方意味
广まだれ屋根・建物広・店・庭
やまいだれ病気病・疲・痛

2-6.にょう

漢字の左下に来る部首のことをにょうと呼びます。

部首読み方意味
しんにょう道・辺・近
そうにょう足の動き起・超・越

2-7.かまえ

漢字の全体を囲う部首のことをかまえと呼びます。

部首読み方意味
くにがまえ囲む国・囲・団
もんがまえ出入り閉・間・開
はこがまえ入れ物区・医・匠

\小・中・高校生の勉強にお悩みのあるお子さん・保護者様へ/

家庭教師のやる気アシストでは無料のパンフレットをご用意しています!資料請求はこちらから

\小・中・高校生の勉強にお悩みのある方へ/

家庭教師のやる気アシストでは無料のパンフレットをご用意しています!資料請求はこちらから

3.熟語の構成

2つ以上の漢字を組み合わせて出来た語のことを熟語と呼びます。
ここでは二字熟語三字熟語、さらに四字熟語の構成について見ていきたいと思います。

3-1.二字熟語の構成

  • 似た意味の漢字を重ねたもの
    例:善良・減少・学習
  • 反対の意味の漢字を重ねたもの
    例:強弱・断続・売買
  • 主語、述語の関係にあるもの
    例:国立(国が立つ)・雷鳴(雷が鳴る)・骨折(骨が折れる)
  • 上の漢字が下の漢字を修飾するもの
    例:国歌(国の歌)・軽傷(軽い傷)・厳禁(厳しく禁じる)
  • 下の漢字が上の漢字を修飾するもの
    例:登山(山に登る)・炊飯(飯を炊く)・握手(手を握る)

3-2.三字熟語の構成

  • 独立した漢字一字を組み合わせたもの
    例:松竹梅(松+竹+梅)・衣食住(衣+食+住)・市町村(市+町+村)
  • 漢字一字と二字を組み合わせたもの
    例:不規則(不+規則)・無意識(無+意識)・初対面(初+対面)・手荷物(手・荷物)
    ※特「未、無、不、非、否」の言葉を打ち消しの言葉と呼びます。
  • 漢字二字と一字を組み合わせたもの
    例:可能性(可能+性)・肯定的(肯定+的)・人情味(人情+味)

3-3.四字熟語の構成

  • 独立した漢字一字を組み合わせたもの
    例:春夏秋冬(春+夏+秋+冬)・花鳥風月(花・鳥・風・月)
  • 二字熟語を組み合わせたもの
    例:完全無欠(完全+無欠)・質疑応答(質疑+応答)・古今東西(古今+東西)・大器晩成(大器+晩成)・国際交流(国際+交流)
趣味:お城巡り

学習アドバイザー 広田

関西大学大学院を卒業後、小6・中3・高3の受験生を主に指導をしてきました。学生の悩み相談を受けているうちに勉強に悩む子を救ってあげたいという気持ちが強まり学習アドバイザーとなりました。勉強に悩む保護者さまやお子さんにお役に立てる記事を配信していければと思います。
Instagram・ⅹなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!

関連記事

勉強に関するお悩みを持つお子さんへ 「頑張っているのに成績が上がらない」「苦手科目の勉強に苦戦している」「独学での勉強に限界を感じてる」 そんなお子さんほど、お役に立てる自信があります。まずはお気軽に体験授業をお試しください。
勉強に関するお悩みを持つお子さんへ 「頑張っているのに成績が上がらない」「苦手科目の勉強に苦戦している」「独学での勉強に限界を感じてる」 そんなお子さんほど、お役に立てる自信があります。まずはお気軽に体験授業をお試しください。
目次