学年別高校生の教え方のコツ

高校生は、学年によって成長や学習の特徴が異なります。保護者さまが効果的に高校生をサポートし、成長を促進させるためには、それぞれの学年に合わせたアプローチが必要です。以下では、1年生から3年生までの高校生に対する教え方のコツを学年別に詳細に解説します。

高校1年生の教え方のコツ

高校生活の最初の一年は、新しい環境に慣れる過渡期です。保護者さまがサポートする際に考慮すべきポイントは以下の通りです。

サポートと理解を示す

新しい学校や友人関係の構築に戸惑うことがあるかもしれません。保護者さまは子供をサポートし、理解を示すことで、彼らの自信を育てましょう。

高校生活は中学生とは異なり、自由な時間が増え、自分で進路を決定する機会が増えます。このような時期に子供が不安や悩みを抱えることもあるでしょう。保護者さまは子供の気持ちに寄り添い、話を聞く姿勢を大切にしましょう。心配事を共有することで、子供は自分を理解してくれる存在を感じ、心の支えを得ることができます。

スケジュールの整備

新しい環境に慣れるためにも、規則正しい生活スケジュールを立てることが重要です。学習時間を確保し、学校との両立を促しましょう。

高校生活では、学業や部活動、アルバイトなど多様な活動が増えるため、スケジュール管理が重要になります。保護者さまは子供と共にスケジュールを立てる際に、バランスの取れた生活をサポートすることが大切です。学習時間を確保しつつ、適度な休息や趣味に時間を割くことで、子供の健全な成長を促進しましょう。

興味を引く

高校生活を楽しむためには、興味を持てる学習方法やクラブ活動を見つけることが大切です。子供が自ら楽しみながら学ぶ環境を提供しましょう。

高校生は自分の興味や関心に基づいた学習や活動に対して積極的に取り組む傾向があります。保護者さまは子供の興味を尊重し、学習内容やクラブ活動を一緒に考えることが大切です。興味を持てる分野で自発的に学ぶことができれば、学習意欲が高まり、自己成長につながります。

知識とスキルの確認

学習の基礎固めを行うことで、将来の学習に強い土台を築くことができます。苦手科目へのサポートが必要な場合は、家庭での補習を検討しましょう。

高校1年生は、新しい教科書や学習内容に接することになります。子供が学習のペースについていけるように、定期的な確認テストや家庭での学習サポートが役立ちます。特に苦手な科目に対しては、家庭での学習を強化し、自信をつけるようサポートしましょう。

高校2年生の教え方のコツ

高校2年生は、学校生活に慣れ、将来の進路選択に向けて意識が高まる時期です。保護者さまのサポートにおいて考慮すべき点は以下のようになります。

進路に向けた情報提供

大学や進学先についての情報提供を行い、将来の選択肢を広げるために必要な知識を共有しましょう。

高校2年生は将来の進路選択に向けて意識が高まる時期であり、大学進学や就職に関する情報収集が進みます。保護者さまはインターネットや進路相談などを通じて情報提供を行い、子供が将来の進路を見据える上で必要な知識をサポートすることが大切です。

自己管理の促進

高校2年生は自分で学習計画を立て、時間管理や自己管理を徐々に身につける時期です。保護者さまはサポートしながらも、子供の自立心を育てることを意識しましょう。

高校2年生は自己管理が求められる時期であり、保護者さまが常にサポートしていると、子供が自らの成長を阻害される可能性があります。学習計画の立て方や時間の使い方、自己管理の方法を一緒に考え、子供が自分で進路や学習に向き合えるように導くことが大切です。失敗を経験しながら成長することを理解し、子供の自主性を尊重しましょう。

強みの発見

子供の強みを見つけ、それを伸ばす機会を提供しましょう。自信を持たせることが成長につながります。

高校2年生は自己を見つめなおす時期でもあります。保護者さまは子供の興味や得意な分野を把握し、それを伸ばすための環境を整えることが大切です。得意科目を強化するための学習機会やクラブ活動、趣味をサポートすることで、子供が自分の強みに気付き、自信を持つことができます。

視野を広げる

学業だけでなく、趣味や興味を持てる分野にも目を向けさせることで、豊かな高校生活を送ることができます。

高校2年生は将来の進路を考える一方で、自分の趣味や興味を深めることも大切です。保護者さまは子供が多様な経験をする機会を提供し、自己成長につながる活動を応援しましょう。趣味や興味を持つことで、高校生活が充実し、学習に対するモチベーションが高まることが期待できます。

高校3年生の教え方のコツ

高校3年生は、大学受験や進路に向けての最終段階です。保護者さまのサポートにおいて重要なポイントは以下の通りです。

応援とサポート

受験や進路選択に向けてはプレッシャーがかかる時期です。保護者さまは子供を応援し、サポートすることで安心感を提供します。

高校3年生は受験勉強に加えて、進路選択に対する不安やプレッシャーを感じることがあります。保護者さまは子供の意欲を高めるように励まし、受験や進路に対してポジティブな姿勢を持ってサポートしましょう。子供が安心して取り組める環境を提供することで、自信を持って挑戦することができます。

受験対策のサポート

学習計画の立て方や受験対策を一緒に考えることで、子供が自信を持って試験に臨めるようサポートしましょう。

高校3年生は受験勉強に集中する時期であり、受験対策が重要になります。保護者さまは子供と一緒に学習計画を立て、受験対策を考えることで、子供が自分の目標に向かって努力する姿勢を育てましょう。また、学習に対する不安を共有し、具体的な対策を立てることで、子供の受験への準備をサポートします。

失敗への理解

受験は一度きりではありません。失敗に対して理解を示し、再チャレンジする機会を与えてあげましょう。

高校3年生は受験のプレッシャーや不安から、失敗を恐れることがあります。保護者さまは子供に対して受験の結果に囚われず、失敗を受け入れる大切さを伝えましょう。失敗を乗り越える経験こそが成長につながります。保護者さまのサポートがあれば、子供は自信を持って再チャレンジできるでしょう。

バランスの取れた生活

受験勉強だけに埋もれず、趣味やリラックスする時間を大切にしましょう。バランスの取れた生活が集中力や学習効果にプラスに働きます。

高校3年生は受験勉強に集中しがちですが、健全な成長のためにはリラックスする時間や趣味にも充てることが大切です。バランスの取れた生活をサポートすることが重要です。保護者さまは子供に対して、学習時間だけでなくリラックスする時間を持つことの大切さを伝えましょう。適度な休息や趣味の時間を設けることで、子供の集中力や学習効果が向上し、受験勉強にもプラスに働くでしょう。

子供の意向を尊重する

高校3年生は将来の進路を考える重要な時期です。保護者さまは子供の意向を尊重し、自分自身で進路を決定する機会を与えましょう。

高校3年生は大学進学や進路に向けて、自分自身で進路を決定することが求められます。保護者さまは子供の進路選択に対して、一方的な意見を押し付けるのではなく、子供自身の意見や考えを尊重しましょう。将来の進路に対して自ら考える経験が、子供の自己成長につながる重要なステップとなります。

応援とサポートの姿勢

高校3年生は親からの応援とサポートを必要とします。保護者さまは温かく支える姿勢で、子供の背中を押しましょう。

高校3年生は受験勉強や進路選択に向けてプレッシャーを感じることが多い時期です。保護者さまの温かい応援とサポートが、子供にとって心の支えとなります。子供が自信を持って受験に臨めるように、保護者さまはポジティブな姿勢で子供を支えることが重要です。

自立心の育成

高校3年生は自分自身で進路を決定する重要な時期です。保護者さまは子供の自立心を育てることを意識しましょう。

高校3年生は社会に出て行く第一歩を踏み出す時期でもあります。保護者さまは子供に対して自立心を育む機会を与え、自分で考え、判断する力を養ってあげることが大切です。自分で進路を決定し、自己責任を持って行動することが、将来の成長に繋がります。

全ての学年に共通するコツとして、子供たちの意欲や興味を尊重し、自立心を育むよう心がけることが重要です。保護者さまの温かいサポートと適切なアプローチが、高校生の成長と学習に大きく影響を与えることを忘れずにください。子供たちが自信を持って進むための力を育てる保護者さまの存在は、彼らの未来を明るく照らす大切な要素となります。高校生としての充実した学生生活をサポートすることで、彼らが自己実現し、成長することが期待できます。


高校生への指導は「勉強方法の確立とさらなる効率アップ」を中心にサポート

高校での学習内容は、中学よりもさらに内容が多く、難しくなっていきます。今までは自宅近くの中学校に通っていたというお子さんも、高校は通学に時間がかかるようになったり・・・と環境の変化も大きいです。

多くの場合は1年生の後半~2年生の間に文理選択があり、自分の将来のことについてより具体的に考えるようになったり、大学受験は人生の大きなターニングポイントともいえます。

アシストでもそんな高校生のお子さんを何人も教えてきました。

勉強面において何かと重要な場面が多い高校生ですが、指導していくうえで大切にしている3つのことを紹介します。

中学校との勉強の違いについて詳しくみる

高校生に求められる勉強方法について詳しくみる

その1:学校の授業をポイントに絞った指導

高校では、予習を前提にした演習形式の授業が多くなります。お子さんは毎日の予習復習が欠かせなくなるわけですが、内容もさらに難しくなり、量も中学校に比べて多くなります。

そのため、家庭教師の指導では学校の授業をできるだけポイントに絞って教えられるよう工夫しています。

また、部活動をすることを目的に高校を選んだお子さんもいらっしゃるかと思います。高校で部活動と勉強を両立するのには、かなりの効率が求められます。部活動をするために進学したのに、成績が悪くて部活に行けないというお子さんからの相談もよくいただくので、そうならないためにも早めに効率の良い、ポイントに絞った学習を身につけさせてあげたいと思っています。

その2:必要に応じて中学の内容に戻って指導

高校生が学習する内容は、数学や英語などの主要な教科に関しては中学の内容とのつながりが特に強いです。中学の内容で忘れてしまっているところや、取りこぼしがあると、高校の授業をいくら一生懸命聞いても理解できない・・・ということが起こってしまいます

家庭教師に関しては、決まったカリキュラムがないので、日々の勉強を進めていくうえで、高校生の内容以外でも、必要があれば戻って教えていきます。

その3:大学受験のサポート

志望校に応じて必要な教科や科目が変わってくる大学受験にも柔軟に対応していきます。大学受験は、高校受験とは違って、滑り止めも複数受験したり、選抜方法も多岐にわたり存在します。

お子さんによってどの方法を選ぶか、いくつ受験するのかも変わってくるので、状況に応じて一番効率のよい方法でお子さんだけの受験勉強の計画を考えてあげることが大切です。

また、大学受験は大きなターニングポイントでもあり、お子さんにとっては精神的にも不安になりやすかったり、やる気が続かなかったり、と周りのサポートが大切になってきます。家庭教師のやる気アシストは、現役の学生も多く、お子さんの受験への不安や、モチベーションの面でも何かと共感できる部分が多いので、二人三脚で受験を乗り越えていけたらと考えています。

大学受験方法について詳しくみる

大学入学共通テストについて詳しくみる

最短0で家庭教師を体験!

 0120-740-100

受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK

LINE問合せ窓口

LINEからもお問合せいただけます!
 

公式Instagram

勉強のお役立ち情報を配信中!
お問い合わせ、ご質問も受付中です!

最短0で家庭教師を体験!

 0120-740-100

受付:10時~22時/土日祝OK

ご質問などお気軽にお問い合わせください。

高校生は早めの対策が成功のカギ!

高校は、受験勉強を経て様々な地域のお子さんが集まってきます。学力レベルが同じくらいのお子さんが多くなるので、今まで勉強面で心配がなかったお子さんお子さんの成績が急に下がってしまったり、一度勉強につまずいてしまうと、取り戻すのが大変になってしまったりするため、早めの対策が必要になってきます。

また、高校生ともなると今まで自分でやってきた勉強方法やリズムがあるお子さんも多いかと思います。そのような場合もお子さんとしっかりと相談しながら学習計画や、教える内容を決めていくことができるのでご安心ください!

反対に、これまでで学習スタイルがまだ確立されていないというお子さんも、高校ではある程度の学習スタイルが必要になってきます。アシストがお子さんと一緒に最適な勉強方法を考えていきます!

学年別の勉強対策方法について詳しくみる

高校生のお子さん・ご家庭からの成績アップ体験記をご紹介!

家庭教師のやる気アシストでは、多くの高校生のお子さんの成績アップの夢を叶えてきました。
将来の夢を叶えるため、希望の進路に進みたい、志望大学に合格したいなど、お子さんによって多種多様な夢を実現するお手伝いをこれまでたくさんさせて頂いてきました。
アシストでは、1対1指導の家庭教師の強みを生かし、お子さん進路に合わせたカリキュラムで志望校合格までサポートさせていただきます。

ここでは、実際にアシストで勉強中のお子さんやご家庭からの「喜びの声」をご紹介していきます。

神戸市 高校2年生 たまねちゃん

塾では先生に不満があったりしたけど、家庭教師は生徒が1人なので、教え方も勉強内容も私に合わせた内容で指導してくるので大満足です。苦手な英語も前回のテストでは18点UP!成果が出てきました!勉強の合間の先生とのおしゃべりも楽しくって、先生が来るのが楽しみです。

堺市 高校3年生 まさきくんのお母様

大学進学に向けて息子なりに勉強は頑張っている様でしたが、学校の試験や模擬の結果で思うような結果が出せずに悩んでいるようでしたので、家庭教師を始めました。息子の不安や悩みに一緒に向き合ってくれて、徐々に結果も出てきているようです。受験まで指導の方よろしくお願いします。

堺市高校2年生 ひまりちゃん

勉強が得意だったけど、高校に入学したらもっとすごい子がたくさんいて、テストの順位も後ろから数えた方が早いくらいに落ち込んでしまい、気がさしてましたが、先生が毎回励ましてくれて、がんばることができました。2学期のテストは半分より上の順位まで上がりました。先生!ありがとう!

堺市 高校2年生 しょうきくん

化学と数学の点数が、合計で30点以上上がりました。自分でもびっくりするくらいですが、授業が自分にあった内容で教えてくれるから、結果が出たんだと思います。志望校が決まっているので、合格できるようにこれからもがんばります。

池田市 高校1年生 ゆずなちゃん

どうしても行きたい大学があって、親にお願いして塾から家庭教師に変わりました。塾は一斉授業で教えてもらうって感じだけど、今は先生が来る曜日までに教えてほしいところをまとめて質問する時間のような感じになっています。分からない所を順番に解決していけるので、とても達成感を感じます。理解できているという実感も感じています。

奈良市 高校2年生 ひさしくん

先生の説明が分かりやすくて、要点をまとめた資料が特に役に立っています。自分ができない単元に絞って勉強できたりするので、効果的に勉強ができている感じがします。家庭教師を始めてから次のテストで合計で30点以上上がりました。

喜びの声をもっとみる

目的別にみる家庭教師・勉強方法

アシストへお問合せいただくお子さんの中には、明確な目的をもってアシストで勉強を始めるお子さんも多くいらっしゃいます。

そんなお子さんのためにアシストでは目的に合わせた指導プランを考え、指導を行っています。目的別の指導方針・効果的な勉強方法について詳しくはこちらよりご覧ください。