「ノートの写し方って重要!」成績が上がるノートの取り方をご紹介!

ノートの取り方のポイント

みなさんは、学校の授業を受けるときに、ノートをとっていますか?

先生の話を聞きながらのメモを取ることに難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。

先生の話すスピードについていけなかったり、復習の時にノートを見ても自分のメモが理解できなかったり、と満足のいくノートが取れていない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、成績アップに役立つノートの作り方について紹介していこうと思います。

ノートは何もないところに自分で文字や図を入れていく「自分だけの手作り参考書」です。使い方次第で「いい参考書」にも「悪い参考書」にもなります。

ノートの取り方のポイントをしっかりと掴んで、今日から「いい参考書」作りができるように、ぜひご一読ください。

 

成績が上がるノートの取り方で必要なことって?

成績が上がるノートって具体的にはどんなノートのことを指していると思いますか?

まずは、ノートをとる理由から考えていきましょう。

 

ノートは「復習」のためにある!

授業中にノートをとって、その後見る機会もない…なんてもったいないことをしているお子さんはいませんよね?

 

せっかく授業中にノートをとるのならば、、絶対に「復習」に役立ててください。

どんなお子さんでも、授業を一度聞くだけですべてのことを覚えてしまい、復習が一切必要ないという子はいません。だからこそ、後から授業で習ったことを思い出すための復習で「ノート」を使うんです。

 

そして、ここで大切なのは、自分が復習するときに先生が言っていたポイントが思い出せるノートになっていればいいんです!

このノートの目的をよく覚えておいてくださいね!それを踏まえたうえで、ノートの取り方をご説明していきます。

 

ノートの選び方

では、まずはノートの選び方から解説していきます。

読みやすく、ポイントがつかみやすいノートを作るためには、たくさんの種類があるノートの中から最適なノートを選ぶことから始めてください。

 

ノートタイプ

大学ノート・・・一般的なノート。まずはこのタイプから使ってみるのがおすすめです。

 

ルーズリーフ・・・バインダーに綴じていくタイプ。かさばらず、あとから順番を並べ替えたりできますが、失くしてしまったりばらばらになってしまうこともあるので管理には注意が必要です。

罫線

ノートに入っている線の幅のことです。A罫(幅7mm)、B罫(幅6mm)が一般的です。字の大きさによって選びましょう。中学生の場合は、まずはA罫がおすすめです。

近頃では線がドットになっていて、図やグラフが書きやすいものなんかもあるので、教科によって使い分けるのもいいですね。

大きさ

B5・・・学校の教科書などと同じ、一般的な大きさです。

A4・・・B5サイズよりも一回り大きいので、書ける量が多く、授業プリントを貼り付けるのにも便利です。

 

その他にも、便利なノートとして、学校で配られたプリントを貼らずに貼れるちょっと大きめのノートなんかも販売されています。

プリントのノートもB5サイズだと、プリントを小さく切って貼らないといけませんが、こちらのノートはB5より少し大きく作られているので、プリントを切ることなく貼ることができます。

気になる方は、調べてみてくださいね。

 

  無料の体験授業のお申込み・お問合せはこちらから

 0120-740-100

(受付時間:10:00~22:00 /土日祝もOK)

効果的なノートの取り方

 ノートを選んだら、このページの本題、実際のノートづくり。

ノートを書く時の気を付けるポイントがいくつかありますので、しっかりとマスターして「自分だけのいい参考書」を作成してください。

使う色を限定する

カラーペンをたくさん使ってきれいにノートをつくっているというお子さんもいますよね。

きれいなノートは、あとから見返しても見やすいですし、「きれいなノートをとつくる」ということがモチベーションになっているお子さんもいるので、完全には否定できません。

 

しかし、あまりにもたくさんの色を使い過ぎてしまうのは逆効果です。

脳に定着しやすい色使いの基本は黒色に加えて文字は赤と青の2色、蛍光ペンなどを使って下線に1~2色程度です。これだけの色があれば十分色分けができます。

 

人間の脳が最も注目する色は「赤」です。その次は、危険を知らせる「黄」です。覚えておくべき大切なポイントは赤や黄色のペンを使いながら、自分でルールを決めて、色を適切に使いましょう。

 

ノートをビジュアル化するためのコツは余白

ノートの役割は、前述したとおり「自分が復習するときに先生が言っていたポイントが思い出せるノート」です。

それを実現するための1つの手法として「ビジュアル化」があります。

 

簡単に言ってしまえば、街を歩いていると目に留まる看板がありますよね。あれです!ノート上に目に留まる看板を作り上げるイメージです。大切なところは太字や赤・黄色を使って、カラフルに仕上げて下さい。そして、ここで大切なことは「余白」を作ることです。

 

ノートいっぱいに書き込んでしまうと、後から見たときに必ず圧迫感を感じ見づらいと思ってしまいます。また、復習の際に追記したい内容が出てきたときに、書き込むスペースが全くなく、関連する内容なのに次のページに書くしかない…といったことが起こってしまったりします。

 

ノートをとるときは、必ず適度な余白を取りながら、自分で定めたルールの沿って、ポイントにカラーをつけて復習しやすいノートを作ってください。

 

また、図やイラストを書き込むのもおすすめです。絵が得意で授業中でもスラスラと書けるようなお子さんは、大切なところに書き込む絵を決めてしまってもいいですよね。図やイラストに慣れたら、記号などルールを決めて取り入れると、時短にもなりお勧めです。

 

自分で書いた答え、訳などは消さずに残しておく

授業で練習問題をノートに書くことや、予習で自分で訳を調べて書くことがあると思います。答え合わせをしたときに、自分が書いた答えを消してしまう人がいますが、これはもったいないです。

自分が一度間違えたところは、「苦手にしやすい部分」であり、一度分かったと思っても注意して繰り返し見直しをする必要が出てくる可能性が高い部分です。

 

先ほどもお話ししたように、ノートは「自分だけの参考書」です。せっかくつまずきやすい部分が分かったのであれば、残しておいてあとから見返すことができるようにしておきましょう。

 

ポイントは、「間違えた箇所は絶対に消さない」ことです。間違えた過程はいつでも確認できるようにしておくことで、また同じように間違えたと気づくことができ、苦手の洗い出しにも役立ちます。

 

板書を写すだけではNG!

先生が黒板に書いたことをノートに書くことは大切です。ただ、勘違いしてはいけないのが、「書き写す」という作業に夢中になってしまっては、それは「もったいない授業の受け方」をしています。

 

先生が黒板に書くことはもちろん覚えておくべき重要な箇所ですが、それと同じくらい「先生が言ったこと」の中にもテストに出やすい部分や、重要な部分があります。

 

最初にお伝えした通り、ノートをとる目的は「復習」です。自分が復習するときに先生が言っていたポイントが思い出せるノートを作らなければいけません。

そのために、ノートに書くべきことは、以下の3つ!

 

1.黒板の内容

2.先生の解説

3.自分の意見や感想

 

3の自分の意見や感想は、先生の口調からして「テストに出そう」など、授業を受けているから感じる事があれば、書き留めておくくらいの気持ちで大丈夫です。

 

アシストならノートの取り方など、基本的なところから丁寧に指導します

たかがノート、されどノートです。多くのお子さんは、授業ノートを小学校から使い始め、中学、高校、大学とずっと使っていくものです。社会人になってからもメモという形で使い続ける方も多いですよね。

 

今回紹介した点を意識しながら、自分に合ったノートの作り方を研究してみてください!

家庭教師のやる気アシストでは、勉強を教えるだけではなく、「ノートの取り方が分からない」というお子さんには、教科書のポイントのまとめ方や効率の良いノートの取り方などもアドバイスしています。

 

勉強に関するお悩みならどんな些細なことでもOK!まずはお気軽にご相談ください!

目的別にみる家庭教師・勉強方法

アシストへお問合せをいただくお子さんの中には、明確な目的をもってアシストで勉強を始めるお子さんも多くいらっしゃいます。

そんなお子さんのためにアシストでは目的に合わせた指導プランを考え、指導を行っています。目的別の指導方針・効果的な勉強方法について詳しくは、こちらよりご覧ください。

目的別の家庭教師選び

目的別にみる勉強方法

家庭教師は初めてという保護者様へもしも色々な勉強法をご検討中であれば、一番にお電話ください。やる気アシストでは、家庭教師を受けたことが無い方にも安心して始めて頂けるように、細やかな疑問、質問にも分かりやすくお答えしています。どうぞお気軽にお電話ください。

『家庭教師ってどんな感じ?』『体験だけでもいいの?』『今の勉強方法と比べてみたい』そんな気持ちを持っている保護者さまほど、お役に立てる自信がありますのでお気軽にご相談ください。
私たちやる気アシストは、勉強で悩んでいるお子さんや保護者さまにとって、『無料の体験授業』がこれから大切な一歩を踏み出すキッカケ になれば嬉しいです。

よく読まれている記事